子どもの不安症に関心ありますか?

更新日:2018年12月15日(投稿日:2018年12月15日)
アイキャッチ画像。

英語圏では、子どもの不安症への関心が、日本より高い?


詳しいことは分からないのですが、以前から漠然と感じていたことをお話しします。

英語圏では、子どもの不安症(不安障害)への関心が、日本より高い印象を受けています。「日本においては、不安障害が子どもの保健医療の主たる問題として扱われることは少ないかもしれない」という専門家の指摘もあります(石川, 2012, pp.59-60.)。

日本のかんもくネットは子どもの認知行動療法の本をホームページで紹介していますが、どれも海外の本を翻訳したものばかりです。個人的にも、この種の本は日本よりも英語圏で目にすることの方が多いです。この分野は海外の方が強いのでしょうか。

◇ かんもくネット~書籍案内~
新しいウィンドウで開く

こうした背景があるためか、場面緘黙症に関する英語圏の情報に接していると、子どもの不安症(不安障害)に関する情報を目にすることがあります。例えば、以下のリンクでは、英語圏の緘黙団体が、子どもの不安症に関するウェブページへのリンクを紹介しています(どれもほぼ同じサイトの紹介ですが……)。

アメリカ
◇ Selective Mutism Association
新しいウィンドウで開く

アメリカ
◇ SMart Center
新しいウィンドウで開く

イギリス
◇ Confident Children
新しいウィンドウで開く

オーストラリア
◇ Selective Mutism Australia
新しいウィンドウで開く

英語圏では子どもの不安症という分野の裾野があって、その中で、緘黙への関心が払われている印象です。

※ これとの関係は不明ですが、緘黙は不安症と考えられるようになったのも、英語圏の専門家が果たした役割が大きいです。日本の専門家はこの点何も貢献していません。


日本では子どもの不安症への関心が低い中、緘黙を不安症として理解を促している?


日本ではこのように子どもの不安症への関心という背景が薄い中、緘黙は不安症として理解を促そうというのが昨今の状況ではないかと感じています。

日本では、緘黙は学校教育の分野で「情緒障害」として扱われてきた歴史があります。最近では、発達障害という文脈で緘黙が扱われることもあります。英語圏とは、このあたりが違います。

近年、日本では、緘黙関係者が吃音関係者と連携する動きが活発な一方で、不安症への注意があまり払われていない印象があります。これもそうしたことが背景にあるのかもしれません。緘黙と吃音が似ていることがこれほど強調される国は日本とイギリスぐらいで、国際的な傾向では実はありません。

日本では緘黙は不安症であるという理解は、緘黙関係者の間では、本当の意味で共有されていないのかもしれません。もしくは、日本独自の理解が共有されているというべきかもしれません。あくまで漠然と感じたことですけれども。




文献


◇ 石川信一 (2012). 子どもの不安障害:認知行動療法の実践と成果. 日本保健医療行動科学会年報, 27, 59-67. http://www.jahbs.info/journal/pdf/vol27/vol27_3_2.pdf