緘黙団体のロゴに込められた思い

更新日:2019年01月14日(投稿日:2019年01月14日)
アイキャッチ画像。
かんもくネットには「Knet」という文字のロゴマークがあります。

◇ かんもくネットのロゴ(Twitterアカウントより)
新しいウィンドウで開く

このロゴ、よく見ると、黄色と水色の輪があります。この2つの輪には、実は意味があるのです。

その意味を、かんもくネット立ち上げの当時、関係者の方からメールでお伺いしたことがあります。ですが、どういう意味かをここでご説明するのは控えます(私信でのやり取りで教えていただいたことなので、ごめんなさい)。

このように、緘黙の団体の中には、その団体の考えが反映されたロゴがある場合があります。そのいくつかをご紹介してみたいと思います。

小さな啓発活動でも、ゆくゆくは社会を動かす!


ノルウェーの緘黙団体 Foreningen for selektiv mutisme のロゴは、蝶を用いています。

◇ そのロゴ(Instagramアカウントより)
新しいウィンドウで開く

上のリンクに書いてありますが、これは「バタフライ効果」をもとにしたそうです。アマゾンでの蝶のはばたきがシカゴの天気に影響を与える、つまり些細な力が長期的に大きな影響を及ぼすという、カオス理論というものの考え方だそうです。

この団体の主な目的は、緘黙に関する知識を広めることです。団体の規模はまだ小さいものの、この活動を通じて、ゆくゆくは社会に大きな影響を与えたいという思いが込められているのでしょう。


SM(場面緘黙症)の形のハート


台灣選擇性緘默症協會のロゴには、こういう赤いマークのようなものがあります。

◇ そのロゴ(Facebookアカウントより)
新しいウィンドウで開く

これは、「SM」の文字をハートの形にしたものだそうです。場面緘黙症(正式には選択性緘黙)は英語でSelective Mutism、略してSMと呼ばれます。ハート型には「愛」の意味が込められているのでしょうか。全会員の投票により、このロゴに決まったそうです。

このロゴを使った、こんな可愛いイラストもあります。13歳の緘黙当事者が描いたものだそうです。

↓ Facebookページ「用愛打破沉默,選擇性緘默症」へのリンクです。
◇ そのイラスト(Facebookアカウントより)
新しいウィンドウで開く


沈黙を破れ


ドイツの団体Mutismus Selbsthilfe Deutschland e.V.のロゴには、Mの字を引き裂いたイラストがあります。

↓ 団体ホームページへのリンクです。
◇ Mutismus Selbsthilfe Deutschland e.V.
新しいウィンドウで開く

Mの字は、Mutismus(緘黙症)のことでしょう。それを引き裂いているということは、「沈黙を破れ」と言わんとしているのではないかと思います。

「沈黙を破れ」(英語:Break the silence)は、海外では、緘黙に関わる方の間で使われることがある標語です。先ほどの台湾の可愛らしいイラストでご紹介したFacebookページも、「用愛打破沉默」(愛によって沈黙を破る)という名前でした。


言語コミュニケーションへの橋


団体ではないのですが、CommuniCampという緘黙児を対象としたキャンプがアメリカにはあります。このロゴには、橋と蝶が描かれています。

↓ Facebookページ「CommuniCamp for Selective Mutism」へのリンクです。
◇ そのロゴ(Facebookアカウントより)
新しいウィンドウで開く

ロゴには、"Crossing the Social Communication Bridge"(ソーシャル・コミュニケーション・ブリッジの横断)と書かれてあります。ロゴの橋は、それを表したものと見て間違いなさそうです。

「ソーシャル・コミュニケーション・ブリッジ」は、このキャンプを主催する緘黙の治療センター「SMartセンター」(Selective Mutism Anxiety & Related Disorders Treatment Center)の治療原理を表したものです。これは、緘黙児の状態を次の4段階に分けます。

(1)コミュニケーションがない段階
(2)非言語コミュニケーションの状態
(3)移行期の段階
(4)言語コミュニケーションの状態

そして、緘黙児を少しずつ(4)言語コミュニケーションの段階に持っていくのです。そこへの橋渡しをブリッジ(橋)に例えています。

↓ 「ソーシャル・コミュニケーション・ブリッジ」の説明。英語。PDF(130KB)。
◇ Social Communication Bridge® for selective mutism
新しいウィンドウで開く

※ PDFを閲覧するには Adobe Reader が必要です。こちら新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

CommuniCampもSMartセンターの治療原理に基づいたもので、ロゴにはそれが表れています。なお、一緒にロゴに描かれてある蝶の意味は私には分かりません。これもバタフライ効果を表したものなのでしょうか?


(私が知る範囲で)日本最古の緘黙ロゴ「緘黙の輪」


ロゴはまだまだあるのですが、最後に、私が知る範囲では日本で最も古い緘黙関係のロゴをご紹介します。ウェブリング「緘黙の輪」(2000~2007年)のロゴです。ロゴそのものは、2000年頃に作られたと見られます。

「無言の」を意味するMUTEという字と、駐車停止マークのようなもの(話せないことを意味すると思われる)を重ね合わせたものです。

↓ 中段あたりをご覧ください。
◇ 「緘黙の輪」公式ページ
新しいウィンドウで開く