【訃報】アリス・スルーキン氏、英緘黙団体創設

更新日:2019年02月21日(投稿日:2019年02月17日)
アイキャッチ画像。
イギリスの場面緘黙症団体SMIRAの創設者で、緘黙のGrande Dame(大御所、第一人者)とも呼ばれるアリス・スルーキン氏(Alice Sluckin氏)が、2月15日に亡くなられたようです。99歳でした。

SMIRAの公式発表はまだ確認できないのですが、イギリスの緘黙当事者Sabrina Branwood氏や、日本のかんもくネットがソーシャルメディアに投稿しており、ほぼ間違いないものとみられます。

◇ かんもくネットのFacebook投稿
新しいウィンドウで開く

◇ Sabrina Branwood氏のTwitter投稿
新しいウィンドウで開く

[追記(2019年2月21日)]

SMIRAホームページで、追悼記事が出ています。

◇ News - SMIRA
新しいウィンドウで開く


上級精神医学ソーシャルワーカーだったアリス・スルーキン氏は、1960年代に緘黙児と出会いました。現在緘黙治療の主流である行動療法を当時から行い、その研究は専門誌 British Journal of Psychiatric Social WorkA behavioural approach in the treatment of elective mutism という論題で発表されました(1969年、Derek Jehu氏との共著)。

その後も緘黙に関する研究を発表されていて、1977年には Children who do not talk at schoolChild Care Health and Development掲載)、1991年には Behavioural treatment programs and selectivity of speaking at follow-up in a sample of 25 selective mutesAustralian Psychologist掲載、2名の方との共著)が出ています。

アリス・スルーキン氏の緘黙に対する関心は退職後も続き、1992年には緘黙団体SMIRA(Selective Mutism Information & Research Association)を設立、代表に就任しました。SMIRAの本拠地が現在もレスターなのは、おそらくこの方が同地を中心に活動されていたからだろうと思います。

その後も活動を続けられていたところ、緘黙に対する長年の活動が評価され、2010年に大英帝国四等勲士(OBE)を受章されました。

日本のかんもくネットも、創設時にはアリス・スルーキン氏から様々な支援を受けたそうです。また、翻訳書『場面緘黙へのアプローチ』(2009年)や『場面緘黙支援の最前線』(2017年)には、アリス・スルーキン氏が関わった論考が掲載されており、特に『アプローチ』には顔写真まで載っているので、お馴染みの方もいらっしゃることと思います。

日本では、緘黙が「また新しい病気か」などと軽く見られることがあります。その一因は、アリス・スルーキン氏のような、緘黙の歴史を体現した方が日本にいないところにあるのではないかと私は考えていました。

イギリスの緘黙当事者 Sabrina Branwood氏は、先ほどお話したTwitter投稿の中で、アリス・スルーキン氏のことを "lovely Alice" と呼んでいらっしゃいます。緘黙に関わる方からいかに愛されていたかが窺えます。