緘黙児がダンス番組で活躍、世界の緘黙関係者がシェア

更新日:2019年02月28日(投稿日:2019年02月28日)
アイキャッチ画像。
アメリカのテレビ番組 World of Dance に場面緘黙症の少女が登場し、素晴らしいパフォーマンスを見せました。2月26日のことです。

何はともあれ、まずは動画をご覧ください!


これは、その動画です。4分7秒。再生回数は既に20万回を超えています。



↓ YouTubeで直接ご覧になりたい方は、こちら。
◇ The Crazy 8's Wow the Judges to "Keeping Your Head Up" - World of Dance 2019 (Full Performance)
新しいウィンドウで開く

一番小さな子が、緘黙がある Naiaさんです。16秒頃、集団の中から抜け出し、腹ばいになって床の上を回転しています。

あと、はっきり見分けられないのですが、もしかしたら38秒頃に回転している子、1分00秒頃から回転している子も Naiaさんのように見えます。そうだとしたら、この作品は Naiaさんが主人公といっても過言ではありません。

1分24秒頃に涙を見せているのは、Naiaさんのご両親です(後述)。

緘黙に関する1分38秒頃からの質疑応答が、特に重要な箇所です。そこで、その部分を書き起こし、和訳してみました(ちょっと自信がないのですが……)。

[ジェニファー・ロペスさん(審査員の一人)]

しかし、最初に教えてください。あの作品は何についてのものですか。

But tell me first what was that piece about?

[メンバーの一人]

この作品は、ここにいる私たちの友達 Naiaにインスパイアされました。Naiaには場面緘黙症と呼ばれるものがあります。つまり、Naiaは他の人とあまり気軽に話せないという意味です。私たちはただ Naiaに、私たちがどれだけ Naiaのことを愛し、大切に思っているか知って欲しいと思っているだけです。それから……

So this piece was inspired by our friend Naia, here. She has something that's called selective mutism which means that she's not very comfortable talking with other people, and we just want her to know how much we love and care for her and...

[ジェニファー・ロペスさん]

ちょっと待て!ちょっと待って!あなた(Naiaさん)はちょっと、お腹***回転してなかった?あれはあなたよね?

※ ***のあたりは、何と訳せばよいのか分かりません。ごめんなさい。

Wait a minute! Wait a minute! Were you not just on your belly spinning with your head above your leg? Wasn't that you?


ジェニファー・ロペスさんは、先日のアカデミー賞でプレゼンターを務めるなど大変有名な方ですが、この Naiaさんのパフォーマンスを「私の人生の中で見たことがない」(I've never seen it in my life)とおっしゃって、歓声が沸いています(2分14秒頃から)。

このチームが獲得した点数は3人の審査員の平均で93.0点でした。これは、この回で放送されたジュニアチーム部門では最高点でした。


事前に、番組が緘黙について説明していた


このダンスが行なわれる前、チームの紹介が行なわれ、主に Naiaさんと緘黙について取り上げられていました。Naiaさんのご両親もコメントされています。

↓ その動画です。YouTubeへのリンク。3分21秒。
◇ The Crazy 8's Intro Package! WOD!
新しいウィンドウで開く


World of Danceとは?


World of Danceは、世界各国で開催されるダンスコンペティションだそうです。賞金は100万ドル、日本円で約1億円という途方もない金額です。今年の世界選手権の開催は7月です。日本でも既に予選が始まっています。

テレビ放送は、アメリカの三大ネットワークの一つNBCを中心に行なわれています。2018年には、日本でもDlife(BS258ch)で放送されていました。

Naiaさんが登場した回は、シリーズ3期目の初日の放送です。

審査員には、ミュージシャンや女優として活躍中のジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)さん、シンガー・ソングライターのニーヨ(NE-YO)さん、俳優やダンサーとして活躍中のデレク・ハフ(Derek Hough)さんと、錚々たる面々が顔を連ねています。

今回の Naiaさんは、アナハイムヒルズ(カリフォルニア州)のCrazy 8'というチームの一人として参加しています。

緘黙が主流メディアで取り上げられたということで、世界各国の緘黙関係者の間で話題になっています。アメリカだけでなく、イギリスニュージーランド台湾アルゼンチンポーランドの Facebookページでシェアされているのを確認しています。国によっては、「いいね!」の数がかなり多いです。


あんなに伸び伸び動けない緘黙児も多いのでは


チームCrazy 8'の活躍は、メディアも取り上げています。そのうち緘黙に言及したものは、次の3件を確認しています。

↓ Women'sHealth へのリンクです。
◇ J.Lo Was ‘Floored’ By A Little Girl With Selective Mutism on ‘World Of Dance’—But What Is That?
新しいウィンドウで開く

↓ GoldDerby へのリンクです。
◇ The Crazy 8’s (‘World of Dance’) spoke softly but carried a big spinning arabesque in the Qualifiers [WATCH]
新しいウィンドウで開く

↓ Hollywood Life へのリンクです。
◇ ‘World Of Dance’ Premiere: 17 Yr. Old Delivers Stunning Performance That Gives J.Lo ‘Goosies’
新しいウィンドウで開く

上の二つについては、Naia さんは言語で自分自身を表現するのに困難を抱えているけれども、ダンスフロアで自己表現するには何の問題もないとして美談にしています。言わんとしていることは分かります。

ただ、だからといって、言語表現ができない問題が軽く見られるようなことにはなって欲しくないとも思います。

また、緘黙児者の中には、人前でこのように伸び伸び身体を動かすことすらままならない人も少なくないのではないかと思います。日本語では「緘動」、英語でも frozen などと言うことがあるのですが、緘黙児者の中には、動作そのものに抑止が強く働き、動き自体が封じられてしまう人もいます。

そして、もし「頑張る緘黙児者」像が、感動の対象として変に消費されるようなことになったら、嫌だなとも思います(感動ポルノ)。

とはいえ、素晴らしいパフォーマンスでした。また、緘黙という言葉を広めてくれた Naiaさんのお友達にも感謝したいです。