『場面緘黙の子どものアセスメントと支援』発売

更新日:2019年03月01日(投稿日:2019年03月01日)
アイキャッチ画像。
場面緘黙症の新たな翻訳書が発売されることが明らかになりました。

本の基本情報


○ 著者:エイミー・コトルバ(Aimee Kotrba)
○ 監訳: 丹明彦
○ 訳: 青柳宏亮、宮本奈緒子、小暮詩織
○ 書名:場面緘黙の子どものアセスメントと支援:心理師・教師・保護者のためのガイドブック
○ 原書名:Selective Mutism: An Assessment and Intervention Guide for Therapists, Educators and Parents
○ 出版社:遠見書房
○ 発売日:2019年2月28日(既にAmazon.co.jpで注文可能です)


著者のエイミー・コトルバ氏は、臨床心理学者。ミシガン州のブライトンという街でクリニックThriving Mindsを運営されています。かつてアメリカ最大の緘黙団体の理事長を務められた経験もあります。2018年8月には、主に保護者を対象とした緘黙の本を共著で出されました。この本については、ちょうど先月、このブログでお話しました。

◇ 保護者向けに書かれた、新しい緘黙の本(米)
新しいウィンドウで開く

翻訳に関わった方のうち、丹明彦氏(目白大学准教授)と青柳宏亮氏(横須賀市児童相談所・児童心理司)については、緘黙の論文を発表するなどされています。このお二方は、専門家でない私もお名前を拝見したことがあります。監訳者、翻訳者ともに、目白大学に関係する方が中心か、あるいは全てを占めているようです。

なお、原書については2014年11月27日に、このブログで記事にしています。

◇ 米・緘黙支援団体理事長の本が出る
新しいウィンドウで開く


楽しみな本


2014年に11月27日に、原書についてこのブログで書いたときには気付かなかったのですが、この本には現在アメリカでは重要な位置を占める緘黙支援法が含まれています。PCIT(親子相互交流療法)に基づいた支援法や、集中プログラムなどです。

緘黙支援では国際的な影響力があるスティーブン・クルツ(Steven Kurtz)博士らが行なうこの支援法はしかし、これまで日本ではあまり紹介されていませんでした。今回の翻訳書出版で、いよいよ日本に上陸することになりそうです。

それから、翻訳を担当される方や出版社の顔ぶれが、これまでの緘黙の本とは違います。今回の翻訳書はちょっと宣伝文句が大仰な気もしますが、これまでにない陣容により、どのような翻訳書ができあがったのか楽しみです(私の手元に届くには少し時間がかかりそうです)。




書籍リンク