狛江市議会で、緘黙について踏み込んだ議論

更新日:2019年06月01日(投稿日:2019年06月01日)
アイキャッチ画像。
東京都の狛江(こまえ)市議会で、場面緘黙症に関して、やや踏み込んだ議論があったことを知りました。

平成30年(2018年)3月2日に開催された、平成30年第1回定例会(第3号)でのことです。山本暁子議員(狛江・生活者ネットワーク)と、平林浩一教育部長の質疑答弁が記録されています。

↓ ページ内を「緘黙」と検索してみてください。
◇ chiholog - 地方議会議事録横断検索
新しいウィンドウで開く

↓ このページでも読めます。「緘黙」と検索してみてください。
◇ トップページ | 狛江市議会会議録
新しいウィンドウで開く

山本議員の質問内容は、「ディスレクシアや場面緘黙 学びたい気持ちを支える体制を」と題するものです。なお、ディスレクシアとは、知的に遅れがないにも関わらず、読み書きに困難を抱える障害です。

緘黙については、「緘動」も含めた基本的な症状の説明、授業での対応などを質しています。

注目したいのは、今後導入されるアクティブラーニング、英語におけるスピーキング、さらには笑育(わらいく)を重視した授業などでの配慮について要望も行なっている点です。

このうち、笑育とは、狛江市ホームページによると、「松竹芸能株式会社の協力で漫才のネタ作りや発表を通して、想像力・発想力を育み、表現力の育成を図る」事業だそうです。アクティブラーニングや英語とは異なり、一部の学校で行なわれている事業で、狛江市では平成30年5月から始まっています。

↓ 「笑育」が解説されています。
◇ 笑育 |松竹芸能株式会社
新しいウィンドウで開く

話せない緘黙の児童生徒への配慮となると、やはり話し言葉以外のコミュニケーション手段の保障が考えられる方法の一つなのでしょうか、議会でもそうした案が出ています。緘黙児者も様々で、文字による交流ができる場合もあれば、それもできない場合もあり、答えは一つではないでしょう。いずれにしても、これは大事なテーマで、よく取り上げられたと思います。