緘黙を「深刻な」不安症と説明する

更新日:2019年06月07日(投稿日:2019年06月07日)
アイキャッチ画像。

英語圏では「深刻な」不安症という説明も目にする


Selective mutism is a severe anxiety disorder...

場面緘黙症は深刻な不安症で……(以下略)

英語圏では、緘黙を "severe anxiety disorder" (深刻な不安症)などと説明する場合もあります。severe(深刻な)という形容詞を使って表現するのです。上はその一例で、イギリスのNHS(国民医療制度)ウェブサイトによる緘黙の説明です。

◇ Selective mutism - NHS
新しいウィンドウで開く

ところが、日本ではそうした説明は目にした覚えがちょっとありません。このことは前から気になっていました。そこで、私も「緘黙は深刻な不安症」と説明してみようかと思ったことがあります。

ですが、その時はやめました。なぜならば、「深刻な」のような形容動詞や形容詞、副詞は客観的情報を持たず、客観的な文章を書く際には注意を要すると考えたからです。そして、この場面で「深刻な」という表現を使うのは不適切ではないかと考えたのでした。


「緘黙は深刻な不安症」と書いてみました


ところが最近、ある場面で「緘黙は深刻な不安症」という説明文を思いきって使ってみました。

実は私、5月の緘黙啓発月間に、緘黙の応援キャラクター「かんもくん」が3D世界を旅するゲームを公開しようとしたのですが、その中で緘黙をそう説明しようとしたのです。親しみやすいゲーム内の説明なので、客観的な文章の書き方にそこまで拘らなくてもよいだろうと考えたのでした。

かんもくんの絵
↑ 「かんもくん」。折原さんが提案し、みこさんがデザイン。なお、上の画像は私が描いたものです。

残念ながらそのゲームは完成したものの、諸事情により公開は当面行なわないことにしました。公開日は未定です。

ですが、ゲームのイメージ画像はここでお見せしてもよいでしょう。ゲーム内では、次のように緘黙を説明するはずでした(再掲)。いかがでしょうか?

「場面緘黙(かんもく)症とは……話す力があるにも関わらず、学校など特定場面で声が出ず、話せなくなる深刻な不安症です」と書いてあります。

※ 画像をクリックすると、画像の全体を表示します(106KB)。
※ ゲーム内容は、かんもくんが緘黙の本を買いに行くというもの。だから、こういう画像になっています。

[利用素材]

※ ひさよんさんによるイラストACからのイラスト。
※ 南見まめこさんによるイラストACからのイラスト。