9月に東京で専門家向けワークショップ

更新日:2019年08月02日(投稿日:2019年06月09日)
アイキャッチ画像。

「専門家のための場面緘黙支援・介入ワークショップ」


9月に東京で、「専門家のための場面緘黙支援・介入ワークショップ」が開催されます。主催者の方から情報を頂きました。

以下のファイルは、ワークショップの情報が書かれたチラシです。

↓ Wordなどで開けるdocx形式のファイル。120KB。
◇ 専門家のための場面緘黙ワークショップ

[追記(2019年6月10日)]

↓ pdf形式でもご覧いただけるようになりました。1.15MB。
◇ 専門家のための場面緘黙ワークショップ


ワークショップの基礎情報


ここではファイルをご覧いただけない方もいらっしゃるかもしれないので、基礎情報を書き起こします(できれば後にでも、チラシを直接ご確認ください)。

日時:令和元年9月29日(日曜日)10時~16時
場所:東京都内(中野区~杉並区)で調整中
講師:丹明彦(目白大学准教授)他
参加費:書籍持参の方は5,000円(院生3,000円)、当日書籍購入の方は8,000円(院生6,000円)

※ 書籍とは、丹氏が監訳した『場面緘黙の子どものアセスメントと支援──心理師・教師・保護者のためのガイドブック』のことです。



主催:ほっとカウンセリングサポート、目白子ども心理臨床研究会
後援:遠見書房

申し込み・お問い合わせ
hottokurabu2000■gmail.com
※ ■を@に変えてお送りください。
(お名前・ご所属・所持資格・書籍の有無をお知らせ下さい。場所などはメールにてお知らせします)


あくまでも専門家向け


強調したいのは、一般の方向けではないことです。あくまでも専門家(臨床心理士、公認心理師)を対象としているという、主催者の方のお話でした。


主宰者ウェブサイトに情報(8月2日追記)


主催者ウェブサイトに情報が出ています。一次情報として重要ですので、お知らせします。

◇ ほっとカウンセリングサポート
新しいウィンドウで開く