1,000記事に到達しました

更新日:2019年07月03日(投稿日:2019年07月03日)
アイキャッチ画像。

14年目での到達


場面緘黙症Journalブログの公開記事数が1,000件に到達しました。ここまで続けてこられたのも、ブログを読んでくださる方がいらっしゃったからこそです。皆様ありがとうございます。


↓ スマホ版ブログより。
1000件到達を示す画像


ブログを始めて14年目での到達です。毎日1件更新していれば3年で到達できたはずですが、のんびり更新してきたのでこうなりました。とはいえ、のんびりやらなければ、続けられなかったろうと思います。

なお、投稿件数と記事番号は一致しません。記事番号とは、この記事だと https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1375.html の「1375」という部分を意味します。一致しない理由は、記事番号に欠番があるためです。

↓ 投稿件数と記事番号について、詳しくはこちら。
◇ 記事番号1000番到達!
新しいウィンドウで開く


節目の記事


100件目 保育園・幼稚園の先生方向けの資料を作りました!
200件目 ABCニュースで、また場面緘黙症が
300件目 [緘黙] 僕なんて、いない方が [ストーリー]
400件目 『場面緘黙児への支援』『場面緘黙Q&A』が引用されてる
500件目 5月の場面緘黙症啓発月間は中止
600件目 緘黙サイトの黎明期は?2000年頃の状況
700件目 映画『校庭に東風吹いて』主演が、沢口靖子さんに決定
800件目 英大衆紙が大人の緘黙や後遺症に触れる、ケイティーさん続報
900件目 緘黙の研究に、4度目の科研費


場面緘黙症Journal博物館


さて、1,000件到達を記念して、場面緘黙症Journalウェブサイトに新しいコーナー「場面緘黙症Journal博物館」を作ることにしました。

◇ 場面緘黙症Journal博物館
新しいウィンドウで開く

アメリカの新聞 The New York Times は「記録の新聞」と呼ばれているそうです。場面緘黙症Journalはそれを(少しだけ)意識して、緘黙に関わる様々な出来事を記録してきました。このブログを読み返せば、緘黙の歴史がある程度分かるように。その記事の中でも、歴史的なものをご紹介する場として「場面緘黙症Journal博物館」を設けます。

場面緘黙症Journalほど、緘黙について長く継続的に情報発信してきたブログは、他にはそうありません。このサイトだからこそ、できることだろうと思います。