緘黙の児童生徒、小中学校で約2万人か

更新日:2019年07月10日(投稿日:2019年07月10日)
アイキャッチ画像。
場面緘黙症の子は、500人に1人ぐらいの割合で存在すると日本ではよく言われます。

では、総数では何人いるのでしょうか。例えば、「○万人いる」といった具合です。これはあまり誰も口にしていません。

そこで、私が考えてみることにしました。ここでは、手がかりが得られやすい小中学校における緘黙の児童生徒数について考えます。

計算で大雑把に求める


緘黙がある児童生徒の数については、文部科学省かどこかが全国的な調査を行なっていればよいのですが、そのようなことは長年行なわれていません。

そこで、次の計算式で概算することにします。

(小中学校における、緘黙の児童生徒の数)=(小中学校における、緘黙の有病率)×(小中学校における、全児童生徒の数)


小中学校で200人に1人とする


まず、緘黙の児童生徒は、小中学校で500人に1人(0.2%)いると考えることにしましょう。

正確に何人に1人(何%)いるかは、実は分かりません。お話したように、最近では大規模の調査がないためです。

ただ、有病率の調査が過去に全くなかったわけではありません。『場面緘黙児の心理と指導―担任と父母の協力のために』では、1980年代までの小中学校を対象とした調査を振り返り、「緘黙児は、子ども1,000人に対して2、3人の割合で存在するというのが、ここでのとりあえずの答えといえようか」と総括しています(河井, 1994, pp. 47-48.)。最近では神戸市の小学1~6年生を対象とした調査が行なわれ、0.15%という結果が出たそうです(梶・藤田, 2015)。

専門家も口にする「500人に1人ぐらい」(0.2%)という数字は、こうした先行研究をもとにしたものと思われます。この記事でもこの数字を踏襲します。


小中学校の児童生徒数は約1,000万人


次に、小中学校の児童生徒数を割り出します。合わせて、学年という意味では小中学校と同等と言える義務教育学校と中等教育学校(前期課程)、特別支援学校(小学部、中学部)の児童生徒数も割り出します。

「文部科学統計要覧」によると、平成29年(最新)の児童生徒数は以下の通りです(文部科学省, n.d.)。

小学校:6,448,658人
中学校:3,333,334人
義務教育学校:22,370人
中等教育学校(前期課程):16,489人
特別支援学校(小学部、中学部):71,802人
合計:9,892,653人


大雑把に2万人の計算


そうすると、先ほどの計算式より、こうなります。

(小中学校における、緘黙の児童生徒の数)=1/500 × 9,892,653人=19,785.306人

つまり、大雑把に見て2万人ほどの計算です。


約2万人いる実感ありますか


どうでしょう。小中学校に約2万人の緘黙児がいる実感がありますか?緘黙の親の会の会員数やイベントの集客状況、保護者のSNSの利用者状況などから考えて、実感ありますか?

私にはありません。数字が間違っているか、緘黙とあまり関わらない親御さんらが多いのか、まだまだ気付かれていない緘黙の児童生徒が多いのか、どれかだろうと思います。

なお、今回の概算の対象からは外しましたが、高校生以上の年齢層でも緘黙がある人はいます。