十周年を迎えた世界唯一?の緘黙雑誌に、転機

更新日:2019年08月04日(投稿日:2019年08月03日)
アイキャッチ画像。

ドイツの緘黙雑誌が今年で十周年


場面緘黙症の雑誌が、ドイツにはあります。mutismus.de という名称です。もしかすると、世界でも唯一の緘黙の雑誌かもしれません(かつてはイギリスで、緘黙のウェブ雑誌を発行した方もいました)。

2009年4月に第1号が出て、ほぼ毎年4月と10月に発行されてきました。2018年10月には第20号が発行され、今年4月には10周年を迎えています。

雑誌の内容はよく分からないのですが、項目を見る限り、やや専門的な内容かもしれません。ページ数についてもよく分からないのですが、第20号は52ページからなるそうです。

◇ 雑誌のウェブサイトへのリンク
新しいウィンドウで開く

号によっては、特集が組まれています。以下の通りです。

第6号:緘黙と学校
第9号:大人の緘黙
第12号:緘黙インターナショナル
第19号:緘黙と子育て

このうち第12号の「緘黙インターナショナル」は、世界10ヶ国、14の支援者が寄稿する豪華な内容でした。この時のことは、当時、場面緘黙症Journalでも取り上げています。

↓ その記事です。
◇ 世界10カ国の緘黙支援者らが…
新しいウィンドウで開く


8月より、出版社から出版


さて、この雑誌が、ここにきて一つの転機を迎えています。これまで雑誌の出版は独自に行なわれてきたのですが、2019年8月1日からは、Schulz-Kirchner Verlagという出版社から出版されることになりました。同社は作業療法や言語療法に関する本などを出版しています。

緘黙の雑誌が、一般の出版社から出版される意味は大きいです。さらなる飛躍に期待したいです。

◇ 情報源
新しいウィンドウで開く

◇ 出版社・第20号販売ページへのリンク
新しいウィンドウで開く

◇ 出版社・第21号出版のニュースへのリンク
新しいウィンドウで開く