No child or teen should remain mute!

更新日:2019年08月21日(投稿日:2019年08月21日)
アイキャッチ画像。

緘黙を放置してはならない


一人の子どももティーンエイジャーも、緘黙のままにしておくべきではありません!

No child or teen should remain mute!

SMartセンターが繰り返し使っているフレーズです。

SMartセンター(Selective Mutism Anxiety Research & Treatment Center)は、アメリカにある場面緘黙症の研究治療センターです。かんもくネットのKnet資料でもおなじみです。


強い意思を感じる表現


ここでのNoは「一人も~ない」という意味です。義務や妥当性を表すshouldと合わせて、強い表現となっています。治療されずに放置される緘黙児者が一人たりともいてはならないという、強い意思を感じます。

また、緘黙は個性であるとか、みんなが同じように話せるようになる必要はないというのではなく、緘黙は治すべきだというSmartセンターの思想が窺えます。

ただ、shouldはmustに比べると控えめな表現ではあります。ここでmustを使うと、冒頭のnoと合わせて意味が強すぎるので、もしかしたらshouldに止めているのかなと思います(※根拠なく言っています)。


最近見るようになった表現


このフレーズは、比較的最近見るようになりました。私が確認した最古の用例は、2018年11月30日のFacebookでの投稿です。

◇ そのFacebook投稿へのリンクです。
新しいウィンドウで開く

私が知る限り、Facebookの他にも、これまでSMartセンターのウェブサイトやInstagramアカウントでも使われてきました。

◇ ウェブサイトでの使用例。5番目をご覧ください。
新しいウィンドウで開く


キャッチーなフレーズ


それにしても、キャッチーなフレーズだなと感心します。

緘黙関係では他に、「沈黙を破れ」(Break the silence)というフレーズを、英語圏では目にすることもあります。こういうキャッチャーなフレーズやスローガンができれば、緘黙の支援や啓発に役立ちそうです。