場面緘黙症の誤診

更新日:2019年08月29日(投稿日:2019年08月27日)
アイキャッチ画像。

「PTSDの二次障害として…選択性緘黙等を併発」


亀岡暴走事故をご存じでしょうか。2012年(平成24年)4月23日、京都府亀岡市で車が暴走し、集団登校中の小学生と保護者の列に突っ込んだ事故です。3人が死亡、7人が重軽傷を負いました。

ある児童は、この事故に遭遇したことによってPTSDになり、「PTSDの二次障害として不登校や選択性緘黙等を併発する状態にある」と診断を受けたそうです(下記リンク)。「選択性緘黙」は、場面緘黙症の正式な診断名です。

↓ 裁判所ウェブサイトへのリンク。PDFファイル(593KB)。緘黙の診断については、48ページに書かれてあります。
◇ 平成27(ワ)1308 損害賠償請求事件 平成29年10月31日 京都地方裁判所
新しいウィンドウで開く

この診断に、私は素朴な疑問を持ちました。PTSDで話せなくなるのは、場面緘黙症とは別なのではないかと (下記リンク)。

↓ 緘黙とよく混同されるもの。PTSDも"Trauma"の項目で挙げられています。Child Mind Instituteウェブサイトへのリンク。
◇ What Isn't Selective Mutism
新しいウィンドウで開く

最近日本で発売された本だと、『場面緘黙の子どものアセスメントと支援』に、PTSD症状の一種としての緘黙と、場面緘黙症の区別が書かれてあります(コトルバ, 2014/2019, p.25)。

ただ、私はその児童を直接見たわけではありません。また、医師でもないので、そもそも診断ができません。この児童を診た医師の言うことの方がやはり確かなのかなと思いながらも、疑問は残っている状態です。


緘黙にも誤診があるようだ


この事例がそうだと言うつもりはありませんが、緘黙にも誤診される場合があるようです。誤診の実態についてまとめた研究報告は見た覚えはないのですが、文献では誤診について軽く触れられることがあります。

イラストでわかる子どもの場面緘黙サポートガイド』では、「場面緘黙の診療経験が少ない医師を受診した場合、自閉症や広汎性発達障害(疑い含む)と診断される場合が多い傾向にあります」と指摘されています(金原・高木, 2018, p.35)。

『不安障害研究』に掲載された論文では、「限定的な発話がある場合は、『緘黙』では無いと誤診されがちだが、『一貫してできない』ならば、場面緘黙の範疇に入る」と指摘されています(久田ら, 2016, p.33)。

このような誤診が指摘されているので、亀岡暴走事故の件も、誤診の可能性をつい疑ってしまいます。亀岡暴走事故に限らず、メディアで誰それが緘黙の診断を受けていたと報じられた場合も、私はそれをどこまで信用してよいか分からなくなることがあります。

誤診されてしまうと、患者の状態の正確な理解につながりません。また、適切な治療法が選択されず、時間が空費される恐れも出てきます。合理的配慮を求めるにしても、診断は基礎となりますが、その診断が誤っていると前提が崩れてしまいます。

緘黙の誤診がはびこっているとしたら、問題です。ですが、この問題が大きく取り上げられているのを見たことはありません。先ほど引用した文献についても、さらっと書かれてある程度です。昔から、緘黙の経験者などが、専門家の中にも緘黙を理解していない人が多いと訴えることがありますが、もう少し踏み込んで「誤診」という言葉を使う人は、意外に少ないと感じます。

誤診の頻度が仮に稀であるならば、さほど問題ではありませんし、大きく取り上げられないのも分かるのですが、実態はどうなのでしょうか。