「選択性緘黙」が「場面緘黙症」に正式に変更か

更新日:2019年10月12日(投稿日:2019年09月26日)
アイキャッチ画像。

「場面緘黙症」はこれまで正式名称ではなかった


私たちが「場面緘黙症」「場面緘黙」と呼ぶものは、正式には「選択性緘黙」という名称です。その根拠の一つは、WHO(世界保健機関)による「国際疾病分類」ICD-10での和訳がそうなっているからです。

ところが、その改訂版であるICD-11では、「選択性緘黙」から「場面緘黙症」に変更されるという新情報が公開されました。以下の資料をご覧ください。

↓ 厚生労働省ホームページへのリンクです。PDFファイル(380KB)。9ページをご覧ください。
◇ 2019年9月26日 ICD専門委員会 | これまでの日本精神神経学会での病名検討の経緯 | 神庭重信 日本精神神経学会
新しいウィンドウで開く

なお、上の資料を提出した神庭重信氏は、日本精神神経学会の理事長です。また、上の資料は、厚労省の「第22回社会保障審議会統計分科会疾病、傷害及び死因分類専門委員会」での資料です。

↓ その委員会について。【資料2-2】が今回の資料。厚生労働省ホームページへのリンクです。
◇ 第22回社会保障審議会統計分科会疾病、傷害及び死因分類専門委員会
新しいウィンドウで開く


これまでの経緯


ここで、これまでの経緯を少し復習します。

私は全く知らなかったのですが、いつの間にか緘黙に関わる諸々の団体が、ICD-11の改訂に向けて連合体(場面緘黙関連団体連合会;金原洋治会長)を作り、名称を「選択性緘黙」から「場面緘黙」に変更するよう、関係の学会等へ要望書を出すなど運動を行なっていたそうです。

「選択性」だと、本人が自ら話さないことを選択しているというニュアンスがあり、誤解を与えかねないからというのが理由のようです。

↓ 情報源。「群馬ニーズ教育研究会」ブログへのリンクです。
◇ 選択性緘黙から場面緘黙へ変更
新しいウィンドウで開く

その結果、日本精神神経学会は「場面緘黙」への変更を草案として、2018年6月にパブリックコメントを募集しました。ここまでは、このブログでお話しています。

↓ その時の記事です。
◇ ICD-11新名称案に「場面緘黙」-パブリックコメント開始
新しいウィンドウで開く


新情報「場面緘黙」に「症」がつく


その後、上記資料によると、パブリックコメントを通じて「場面緘黙」を採用するようさらなる働きかけがあったそうです。実際、そうした呼びかけは私も目にしています。例えば……

◇ 日本不安症学会による呼びかけ
新しいウィンドウで開く

◇ かんもくネットによる呼びかけ
新しいウィンドウで開く

そして、草案通りではなく、「症」をつけた「場面緘黙症」に変更--というのが、今回明らかになった新情報です(上の資料の情報が確かならば)。「症」をつけたのは、「病名検討の原則に照らし合わせ」とのこと。

今後、この案がさらに変更される可能性があるかどうかについては、私には分かりません。引き続き、今後の情報を注視したいです。

※ 記事投稿後、パブリックコメントへの呼びかけ等について書き加えています。