当事者・経験者間の世代間格差?

更新日:2019年11月13日(投稿日:2019年11月13日)
アイキャッチ画像。

私と世代が近い経験者たちの話


場面緘黙症の経験者でも、特に発信力が高い方は、私と世代が近い方が多いようです。

彼女ら彼らは、コミックエッセイを出版していたり、シンガー・ソングライターとして活動していたり、緘黙を取り上げたテレビのゴールデンタイムの番組に出演した実績があったりします。

こうした方たちには、ある程度の共通点があるように思います。

○ 緘黙だった当時、緘黙を知らなかった。大人になって初めて知った。
○ 緘黙だった当時、当事者同士とつながりを持つ機会を持てなかった。
○ 緘黙だった当時、適切な支援を十分に受けたとは必ずしも言えなかった。

この3点は、私にも共通します。ですので、この方たちの話には、多かれ少なかれ共感できる部分があります。

やはり私の世代は、緘黙を知らず、孤立し、支援を受けられなかった方が多いのだろうかと思います。

ですが、そうではなくて、当時たまたま支援の輪からこぼれ落ちた少数の方が、大人になって緘黙について積極的に発信しているだけなのかもしれません。なんとなく前者のような気がしますが、どちらかは、はっきり分かりません。


若い当事者はどう感じているか?


こうした方たちの話や、(最近は書いていませんが)私の経験談を、若い当事者は一体どういう思いで聞いたり読んだりしているのでしょうか。

私が目にする若い当事者の多くは、既に緘黙を知っています。ソーシャルメディアなどを通じて、当事者同士つながりを持っている方もいます。適切な支援を受けている方もいるようです。こうした方たちが、私たちの話を、遠い昔の話のように感じてはいないでしょうか。

ですが、いまだに緘黙を知らず、当事者同士のつながりも持てなければ、適切な支援を受けられない方がまだまだたくさんいるかもしれません。こうした当事者は、なかなか私たちの目の前に現れることがありませんが、もし私たちの話を聞いたら、共感するかもしれません。このような方たちが現在多数派なのか少数派なのかは、はっきり分かりません。

「昔の当事者は緘黙を知らず、当事者とのつながりも持てず、適切な支援さえ受けられない人も少なくなかった。昔の人は苦労したんだね」もし、多くの若い当事者にそう思われているのなら、ある意味よいことなのですが。ジェネレーションギャップはあるのでしょうか。

※ 低年齢の緘黙児の場合、大人の配慮により「場面緘黙症」を知らされなかったり、ソーシャルメディアの使用を認められず、当事者同士のつながりを持ちにくかったりする場合はあるだろうと思います。