沈黙は金!?-話せるようになって学んだこと

更新日:2019年11月25日(投稿日:2019年11月25日)
アイキャッチ画像。

話せるようになったが、会話で失敗を重ねた


私が話せるようになって日が浅い頃、結構べらべらと自由におしゃべりをしていました。ですが、これで何度も失敗してしまいました。

例えば、会話の最中、気まずい沈黙ができてしまうことがあります。それを避けるため、とにかく話題をひねり出そうとするあまり、余計なことを口走ってしまったことが何度もあります。ある時は女性の前で「相撲パンツ」の話をして、嫌がられてしまったことがあります。

※ 相撲パンツは「まわし」の着用に抵抗がある人にも相撲ができるよう考案されたもので、この話題は下ネタでありません。ただ、問題は話の聞き手がどう感じるかです。

また、不適切発言をしたことが何度もあります。言葉の選択を誤り、本意でなく、しかもその場にふさわしくない発言をしてしまいました。「言葉の選び方を間違っただけだ!本当はそんなこと思ってはいないんだ!」と弁明しても、後の祭りです。

さらに、不確かな知識で、あれこれと話してしまうことも時々ありました。その結果、正確性に欠ける情報を広めてしまい、後で後悔してしまうことがありました。ブログを書くのであれば、自分のペースで裏付けをとってから書くこともできますが、日常的なおしゃべりの場ではそうもいきません。


教訓「沈黙は金」


これも、長い間まともに人と口を利けず、人と話す経験をしてこなかったためかもしれません。会話がこんなに難しいものとは思いませんでした。ですが、そうではなく、単に私の頭が悪いから、このような失敗を重ねただけのような気もします。どちらかは、私にも分かりません。

こうした失敗の末、たどり着いた教訓が「沈黙は金」。思えば、学校などで話せなかった頃は、「富条君は頭がいい」と過大評価してもらえたものです。話さない分、ボロが出にくかったのです。

それにしても、せっかく話せるようになったのに、そのたどり着いた先に見えた境地が「沈黙は金」とは……。優秀な方は、こうした失敗を糧に、話術を上達させていくのかもしれません。

私は逆に、おしゃべりは慎重にするようになりました。現在の私は少し口が重いです。また、あまり詳しくない知識や情報を語る必要に迫られた時は、「知らんけど」(関西人?)のような結び言葉を付け加えるという対策をすることもあります。


緘黙は治すべきだが、話せるようになれば「めでたし」とは限らない


緘黙がある人は話せるようになった方がよいと思います。

ただ、話せるようになれば「めでたし」とは限りません。もっとも、こういう失敗をする人が私の他にどれだけいるか分かりませんが……。