緘黙と感覚処理障害、感覚過敏

更新日:2019年12月01日(投稿日:2019年12月01日)
アイキャッチ画像。

感覚処理障害や感覚過敏に重点を置いた、緘黙の解説


アメリカの場面緘黙症研究治療センター「SMartセンター」(Selective Mutism Anxiety Research & Treatment Center)が、緘黙理解のための小冊子をインターネット上で公開しています。URLから見て、2018年4月に公開されたものと思われます。

↓ その小冊子です。PDF。3.72MB。
◇ What is Selective Mutism?
新しいウィンドウで開く

これを読んで驚いたのが、感覚処理障害や感覚過敏の記述に重点が置かれていることです。表紙や裏表紙を含んだ全28ページのうち、5ページ目と6ページ目が、感覚処理についての記述でした。序盤の、緘黙に関する本当に基本的な事柄の説明をするべき箇所で、2ページにわたってこの問題を取り上げているのです。

その5ページ目の冒頭には、次のように書かれてあります。

場面緘黙症研究所 (SMRI) の研究が示すところによると、場面緘黙症を呈する多くの子どもにはまた感覚過敏があり、感覚処理障害 (SPD) の基準に当てはまります。このように、SPD は緘黙行動の根源的な原因になることがあります。

Research from the Selective Mutism Research Institute (SMRI) indicates many children who present with Selective Mutism also have sensory sensitivities and meet the criteria for Sensory Processing Disorder (SPD). Thus, SPD can be an underlying reason for mute behavior.

場面緘黙症研究所は、SMartセンターと密接な関わりがある民間の研究所です。


その元となる研究を確かめると……


上の記述の真偽を確かめてみましょう。場面緘黙症研究所が関わった研究の概要は、公式サイト上で公開されています。

↓ そのページです。
◇ Research – Selective Mutism Research Institute
新しいウィンドウで開く

このうち、先ほどの引用箇所で触れられた研究は、例えば次の2件と思われます。

A Large Sample Study of Comorbidities in Childhood Selective Mutism.
What Else is Going On? Selective Mutism Comorbidities.

これらは、緘黙の治療施設にかかった緘黙児の併存症の研究です。前者は2002年~2016年、後者は2002年~2015年までに緘黙の治療センターにかかった緘黙児それぞれ1,311例(!)と1,266例(!)を報告しています。

他にも、以下の研究が挙げられます(一部重複もあり)。

Gender Differences in the Sensory Profiles of Children with Selective Mutism.
Sensory Processing Patterns in Selective Mutism using the Sensory Profile.
Parents’ Perspective: Children with Selective Mutism and Sensory Processing.
Parents’ Perspective: Children with Selective Mutism and Sensory Processing.
Sensory Sensitivities in Children with Selective Mutism: Why Are They Important to Consider?
Sensory Sensitives in Children with Selective Mutism: Are They Different Than the Norm?

これらの研究を見ていると、例えば82%の緘黙児に少なくとも1つの感覚処理の問題があり、例えば音に過敏な緘黙児が35.7% (N=1,257) で、これに対して定型発達児の場合は11.9% (N=1,538) など (Sensory Sensitives in Children with Selective Mutism: Are They Different Than the Norm?)、確かに感覚過敏な緘黙児は多めであることを示す結果が見受けられます。

ただし、感覚処理障害の診断基準に当てはまった緘黙児は8.9%で、緘黙児でない子 (5-16%) と比べてもとりわけ高くないという結果もあります (A Large Sample Study of Comorbidities in Childhood Selective Mutism)。

他にも、緘黙児は全般として、定型発達児と感覚機能のほとんどの分野で似通っているけれども、無視できないほど大きい少数の緘黙児が、いくつかの特定の分野で感覚の問題があったという研究 (Sensory Processing Patterns in Selective Mutism using the Sensory Profile) などもあります。


問題提起の意味もあったのかも


公式サイトで公開されている範囲の研究成果ではありますが、これらを見ると、SMartセンターの小冊子が、この問題についてあそこまで強調したのは妥当だったのかというと、何もあそこまでという気がしないでもありません(専門家でもない私が言うのもなんですが)。

ただ、緘黙と感覚処理障害、感覚過敏については他にあまり研究がないようです。そんな中、先ほど見たように、この分野については場面緘黙症研究所が継続的に研究を行ってきました。こうしたことから、場面緘黙症研究所と関わりの深い SMartセンターが、この問題についてあれだけ重点的に書いたのではないかとも思います。やはり、自分たちが専門的に研究している分野は強調したいものでしょう。もしくは、問題提起の意味もあったのかもしれません。

どちらにしろ、あの小冊子の記述は気になります。