新しい本『かんもくの声』予約始まる

更新日:2019年12月29日(投稿日:2019年12月28日)
アイキャッチ画像。
新しい場面緘黙症の本が発売されることが明らかになりました。

本の基本情報


著者:入江紗代
書名:かんもくの声
出版社:学苑社
発売予定日:2020年2月10日

著者とタイトルを見て、ピンと来た方という方は多いだろうと思います。入江さんは「かんもくの声」として、場面緘黙経験者による発信・活動を2014年より行っている方です。入江さんのTwitterやFacebookページは、非常に多くの方がフォローしています。

2017年には、入江さんの緘黙経験が、日本テレビ系のゴールデンタイムの番組「ザ!世界仰天ニュース」で取り上げられました。

それから、出版社の学苑社ですが、この会社は緘黙の本をこれまで多数出しています。お馴染みの方も多いだろうと思います。


本の内容は?


本の内容がどういうものになるのかは、まだ私にはつかめていません。Amazon.co.jp には本の目次が掲載されていますが、これを見ると、入江さんの半生を、緘黙を軸にまとめたもののようにも思えます。

↓ Amazon.co.jp アソシエイトリンクです。
◇ かんもくの声 | 入江紗代 |本 | 通販 | Amazon
かんもくの声

入江さんは緘黙の当事者研究でも知られる方ですが、目次に「当事者研究」という言葉が含まれた章はありません。

ただ、目次だけでは、詳しい内容までは分かりません。今後、入江さんご本人から何らかの発表があるものと思われます。今後の情報を注視したいです。

※ こんな年の瀬に、新刊情報が明らかになるなんて!ブログの更新が大変です ><

[追記(2019年12月29日)]

本の目次がAmazon.co.jpで確認できるようになったことから、内容を一部書き改めました。