新しい児童書『はるかちゃんが、手をあげた』

更新日:2020年01月19日(投稿日:2020年01月19日)
アイキャッチ画像。
家では話せるのに、学校では話せない少女が主人公の児童書が、2019年11月に発売されました。ご紹介してみたいと思います。

話の内容を少し書いているので、まだ知りたくないという方はご注意下さい。

本の基本情報


作者:服部千春
絵:さとうあや
書名:はるかちゃんが、手をあげた
出版社:童心社
発行日:2019年11月15日
対象年齢:小学1・2年生~
ページ数:63ページ

童心社の「だいすき絵童話」シリーズの1作です。絵本というよりはむしろ、挿絵が多めの読み物といったところだろうかと思います。

作者の服部千春さんは、児童文学作家です。私が立ち寄った図書館の児童書コーナーでは、本棚に服部さん専用の著者見出しがあって、そこに服部さんの本が何冊も並べられていました。人気作家であることが窺えます。


本のあらすじ


家では話せるのに、学校では話せない小学2年生のはるかちゃんが主人公です。

ある日、席替えであきらくんという子がはるかちゃんの隣に座ることになりました。このことが、はるかちゃんの学校生活を変えてゆきます。

「緘黙」「場面緘黙症」といった言葉は、本の中には出てきません。


感想


はるかちゃんの状態は、場面緘黙症を思わせます。本にははっきり書かれてありませんが、おそらく緘黙という設定なのではないかと思います。

話せないことに本人も同級生も慣れっこになっていたとか、本人はこのまま話せなくてもそれはそれで楽と感じていたとかいう話が、一つのあり得る状況として実にリアルで、驚かされました。著者は緘黙の経験者ではないかとさえ思ったほどです(童心社のInstagram投稿によると、著者は緘黙経験者ではないようです)。

↓ ストーリーについて、より詳しく紹介されているので、まだ知りたくないという方はご注意。
◇ 童心社のInstagram投稿
新しいウィンドウで開く

思い返せば、確かに私が学校で話せなかった頃にも、そうした一面がありました。最近、当事者や経験者の悲痛な声をたくさん読んできたため、それに引きづられて記憶の上書きのようなことが起こり、「私は昔、学校で話せずに辛い思いばかりしていた」とつい考えてしまいがちになっていました。

なお、登場人物には緘黙の支援を行う専門家が登場するわけではありません。専門家の指導ではなく、クラス内の人間関係がはるかちゃんに変化をもたらすという展開は、物語らしいです。「専門家の指導のもと、スモールステップの取り組みを続けたところ、声が出るようになりました。めでたしめでたし」では、童話としてはつまらないですからね。現実には、専門家に相談した方がよいと思います。