中国・深圳で啓発プレゼン(動画あり)

更新日:2020年03月02日(投稿日:2020年02月23日)
アイキャッチ画像。

TEDx


中国の深圳で行われた「TEDx」というイベントで、心理学者の Ruth Perednik氏が、場面緘黙症をテーマにしたプレゼンテーションを行いました。2019年12月1日のことです。

↓ 情報源。
◇ TEDxShenzhen | TED
新しいウィンドウで開く

そしてその時の模様を撮影した動画が、2月21日に YouTube で公開されました。

↓ その動画です。英語。16分33秒。
Hear the Silent Cry of Selective Mutism为什么他们对陌生人只能沉默? | Ruth Perednik | TEDxShenzhen


※ 動画をYouTubeのページでご覧になりたい方は、こちらをクリックしてみてください。
新しいウィンドウで開く


[追記(2020年3月2日)]

この動画の内容を日本語に訳したものが出ました。佐藤彩映氏の訳です。


◇ その日本語訳です。
新しいウィンドウで開く

Ruth Perednik氏について


Ruth Perednik氏は、イスラエルの心理学者です。緘黙や不安症がある子の治療を20年にわたって行ってきました。緘黙については著書もあります。

↓ その著書を紹介した記事です。
◇ 10代など年長の緘黙児治療に、80ページ割いた外書
新しいウィンドウで開く

Ruth Perednik氏は、国際的に活動する緘黙専門家の一人でもあります。同氏はイスラエル在住にもかかわらず、2018年には、中国大陸の方を対象とした緘黙のウェブサイトを開設したり、台湾で定員500人規模の講演の講師に招かれたりしていました。先ほどの著書にしても、中国語の簡体字版が電子書籍で出ています。


プレゼンの概要


プレゼンは、一般の方に向けて緘黙について説明するとともに、緘黙がある人をどう助けるかについて述べたものです。

ただし、緘黙のみならず、社交不安症や不安症についても話を広げたものとなっています。ここから、日本の引きこもりにまで話題が及んでいます。


感想


なにより、Ruth Perednik氏が深圳のTEDxに出演されたことに驚きました。

プレゼンも、聴衆の注意を引きやすそうな出だしや、最も強調したい点を結びに持ってくるなど、練られていたと思います。

ライターの David Dobbs氏の説明を引用して、社交不安がある人を蘭の花 (orchid) に喩えていますが、緘黙の説明でこの喩えを持ち出すのは Ruth Perednik氏ならではかもしれません。この話の元は、子どもには「たんぽぽの子ども」と「蘭の子ども」がいるという喩えと仮説です。David Dobbs氏の記事や小児科医の W. Thomas Boyce氏の著書 The Orchid and the Dandelion などで広まった喩えのようです。ただ、私はこれについては詳しくは知りませんし、万が一これが、最近問題化している疑似科学の類いだと困るので、詳しい説明はここでは省きます。

しかし、英語のプレゼンなのに、皆さんよく聴いていますね。深圳は英語ができる方が多いのか、この聴衆が特別なのか、そこは分かりません。

緘黙は、途上国で放置されている?


Ruth Perednik氏の見解かどうかは分からないのですが、動画の解説文に書かれている次の文章が印象的でした。

場面緘黙症は、中国のような発展途上国、特に深圳のような大都市ではしばしば放置されてきた問題です。

This is a problem often neglected in developing countries like China, especially in metropolis like Shenzhen.

途上国で放置されてきたのか、大都市で放置されてきたのか、はっきりしない文章ですが、確かに途上国では特に緘黙が顧みられていないのではないかとは感じています。Ruth Perednik氏のように、そうした国で啓発を行うことも意義のあることかもしれません。

※ 中国が途上国かどうかは、議論が分かれるところだろうと思います。