有名専門家「situational mutismと呼ぶべき」

更新日:2020年04月15日(投稿日:2020年04月15日)
アイキャッチ画像。

selective mutism だと、話さないことを選択しているという誤解も


場面緘黙症(正式には「選択性緘黙」)は、英語で selective mutism と呼びます。

それを、situational mutism と呼ぶべきだ--という意見が以前から海外にありました。なぜなら、selective という言い方をすると、話さないことを自らの意思で選択しているという誤解を与えないからだというのです。

↓ 2015年に公開した記事です。イギリスの緘黙団体の役員が、Situaional Mutism の方を好むと発言。
◇ SMIRA役員「選択性緘黙という名称より、場面緘黙症の方を好む」
新しいウィンドウで開く

日本でも、「選択性緘黙」を「場面緘黙」に変えるべきだという意見があります。理由も同じです。それと似たようなものなのかもしれません。

先日、Lucy Nathanson氏も主張


situational mutism と呼ぶべきという意見は、今でも根強くあるようです。先日4月9日に、イギリスのチャイルドセラピスト Lucy Nathanson氏が「なぜ selective mutism は situational mutism と呼ぶべきか」(Why Selective Mutism should be called Situational Mutism)と題する YouTube動画を公開しました。

↓ その動画です。英語。5分37秒。
Why Selective Mutism should be called Situational Mutism


※ 動画をYouTubeのページでご覧になりたい方は、こちらをクリックしてみてください。
新しいウィンドウで開く

動画によると、Lucy Nathanson氏も同様の考えのようです。

しかも、よく聴いてみると、これはLucy Nathanson氏だけの主張ではないようです。「緘黙コミュニティの多くの人だけでなく、私も……」(I as well as many people in the selective mutism community...) と話す場面があります(3分34秒頃~、4分35秒頃~)。

緘黙関係者の間で有名な専門家の発言には、一定の重みがある


Lucy Nathanson氏は緘黙を専門とする方で、海外の緘黙関係者の間では有名な方です。同氏のFacebookページ「Confident Children」のフォロワー数は5,000件を超えます。日本でフォロワー数が最も多いのはかんもくネットで、1,800件超です。Facebookの普及度は国によって違うので一概には比較できませんが、その多さが分かります。

また、Lucy Nathanson氏はイギリスの専門家ですが、同氏のFacebookページは幅広い国や地域の人が見ていて、ある程度世界的に名前が知られているようです。こうした方が situational mutism と呼ぶべきという考えを持っていて、かつ、その考えを発信した事実には一定の重みがあります。

さらに、多くの緘黙関係者が同様の考えを本当に持っているとすれば、これは注目に値します。実際、先ほどの動画を紹介した Facebook投稿にはコメントが20件ついているのですが(一部返信含む)、その内容はほとんど Lucy Nathanson氏の主張に同意するものばかりです。

◇ その Facebook投稿
新しいウィンドウで開く

ただし、「いいね!」は100件超、「シェア」は30件超、YouTube動画の再生回数は550回超で、そこそこ多いものの、特筆するほど多くの反響があったわけではありません。

また、名称を situational mutism と変える具体的な動きは、少なくとも私は確認していません。