場面緘黙症への遠隔医療(米)

更新日:2020年04月20日(投稿日:2020年04月20日)
アイキャッチ画像。

フロリダ国際大学の施設の例


新型コロナウイルスの感染が拡大する中、アメリカの地方紙Miami Herald が、遠隔医療の記事を掲載しました(電子版で確認)。その導入部で、場面緘黙児への遠隔医療の実践が書かれてあります。

↓ その記事です。Miami Herald 電子版へのリンクです。
◇ Telemedicine: What to know about virtual doctor visits | Miami Herald
新しいウィンドウで開く

紹介されている緘黙児への遠隔医療は、緘黙の治療や研究に取り組むフロリダ国際大学子ども家族センターによるものです。

掲載された遠隔医療の例は、なかなか上手くいっているようです。この緘黙児の保護者は遠方の方ゆえか、コロナが収束したら、従来の医療と遠隔医療を織り交ぜたセッションを受けることを検討している、という意味のことまで書かれてあります。


緘黙への遠隔医療は、他でも行われている


記事の中で、フロリダ国際大学のJonathan Comer教授(心理学)の話が引用されていますが、それによると、メンタルヘルスの世界では遠隔医療は何年もの間重要な役割を果たしてきたそうです。そして今回のコロナの件により、大多数のメンタルヘルス支援事業者が、一時的にサービスをオンラインに移したそうです(これはおそらくアメリカ限定の話ではないかと思います)。これには、感染拡大を受けた、アメリカ政府による規制緩和の影響もあるのでしょう。

実際、アメリカの緘黙支援の世界では、今回のフロリダ国際大学の施設以外でも、遠隔医療は行われています。上述のフロリダ国際大学の他に、緘黙支援で有名なアメリカの施設のウェブサイトを3つ見てみると、いずれの施設も遠隔医療に乗り出していることが分かります。

↓ それら3つの施設のウェブサイトです。

◇ Virtual Services – Selective Mutism Anxiety Research & Treatment Center | SMart Center
新しいウィンドウで開く

◇ Home Page - Corona Virus Covid-19 | Kurtz Psychology
新しいウィンドウで開く

◇ Selective Mutism Treatment — Thriving Minds
新しいウィンドウで開く

3月27日には既に、「場面緘黙症のために遠隔医療を使う」と題するウェブセミナーが行われています。これには、アメリカを代表する緘黙団体 Selective Mutism Association が関わっていたようです。

↓ そのウェビナーに関するページです。
◇ Webinar Using Telehealth for Selective Mutism | Selective Mutism Association
新しいウィンドウで開く


コロナで変わる診療のあり方、相談内容も変わる?


あくまでアメリカの話とはいえ、新型コロナウイルスの感染拡大は、このように診療のあり方も変えようとしています。海外でも、緘黙の専門家を求めて遠方から……という例は時々聞きますし、遠隔医療は有用そうです。

いや、変わりつつあるのは診療のあり方だけではないのかもしれません。今回お話しした Miami Herald の記事で紹介されているフロリダ国際大学の施設では、通常は分離不安や社交不安の電話相談が来ているのが、今では新型コロナウイルス感染症や、家族間対立に関する電話相談が増えているそうです。

分離不安や社会不安の相談が減っているともそうでないとも解釈できる書き方ですが、思うに、ずっと家にいないといけない状況だと、分離不安や社交不安の相談は減りそうです。今のような状況が長期化すると、「学校で話せない」という緘黙の相談も減っていくか、代わりに「オンライン授業で話せない」といった相談が増えていくかもしれません。