mixiコミュニティ「場面緘黙症」が10年

更新日:2020年05月14日(投稿日:2020年05月14日)
アイキャッチ画像。

コメント数2,700件の大規模コミュニティ


mixi(ミクシィ)のコミュニティ「場面緘黙症」が、開設10周年を迎えています。

このコミュニティは、2010年2月10日に、まんさくさんという方が開設しました。

5月14日現在、参加メンバー数は988人、トピック数は65件、トピックに寄せられた総コメント数は2,695件に上ります。この他、「つぶやき」や「イベント」にも多数の投稿があります。mixiには緘黙のコミュニティが9件あるのですが、その規模は群を抜いています。

[mixiの緘黙コミュニティ、参加メンバー数トップ3]

場面緘黙症 988人
~場面緘黙児 親の会~ 184人
緘黙(かんもく)~黙して語る~ 68人

[参考:Facebookの、主な日本語緘黙グループ]

場面緘黙をもっと知ってほしい 566人
場面緘黙症★子育て 213人


投稿は今年に入ってもある


mixiは、日本におけるSNSの火付け役とも言える存在です。かつては多くの人が利用していましたが、TwitterやFacebookなど他のSNSに押されて久しいです。ですが、コミュニティ「場面緘黙症」への投稿は今年に入ってもあります。ただ、もう少し投稿が以前のように活発になると、より利用しやすくなりそうです。

mixiの特徴の一つは、匿名制であることです。似たサービスのFacebookは実名制ですが、実名で緘黙について話をするのはハードルが高いと感じる人はいることでしょう。そうした人とは、mixiは相性が良さそうです。


緘黙関係者の声をまとめて読める貴重な場


それにしても、コミュニティの投稿を読んでいると、10年分の投稿の蓄積は本当に多いと感じます。緘黙関係者の声をまとめて読むことができる貴重な場となっており、もう少し評価されてもよいように思います。

このコミュニティで面白いのが、最もコメント数が多いトピックが「独り言」だということです。コミュニティは本来mixi利用者同士の交流の場で、わざわざそこで独り言をする必要はないのではないかと一見思えるのですが、何らかの理由で必要なのでしょう。他のメンバーと深く関わらず気楽に、しかし、みんなが集まるコミュニティの空気を感じながら独り言をつぶやきたい--もしかすると、こういう心理だろうかと推測します。

なお、このコミュニティは、mixiの緘黙コミュニティでは唯一の公開コミュニティです。このため、実はmixiに登録されていない方でも投稿を一部読むことができます。ただ、そのアドレスをご紹介するのはメンバーの方に申し訳ない気がするので、しないことにします。気になる方は検索してみてください。


場面緘黙症Journalの記録より


なお、mixiコミュニティ「場面緘黙症」の歴史も古いですが、場面緘黙症Journalの歴史も負けず劣らず古いです(今年で15年目!)。そこで、場面緘黙症Journalがmixiコミュニティについてどう書いてきたか調べてみました。

2010年「十大ニュース」の候補に


私が最初にmixiについて書いたのは、2010年の年末に投稿したブログ記事「緘黙・今年の十大ニュース」です。この記事の最後で、「mixi の人気コミュニティ」について軽く触れています。

おそらくこれはコミュニティ「場面緘黙症」のことで、当時十大ニュースの候補として検討するほど賑わっていたことが窺えます。

↓ その記事へのリンクです。
◇ 緘黙・今年の十大ニュース
新しいウィンドウで開く


2012年当時、全ての緘黙コミュニティの参加者数は、延べ500人


また、2012年1月に投稿したブログ記事「ネット上で、緘黙に日ごろ関心を持っている人の数は?」でも関連する記述があります。mixi の緘黙を主題としたコミュニティ(「場面緘黙症」以外のコミュニティも含む)の参加者数は、延べおよそ500人と記録されています。

現在、コミュニティ「場面緘黙症」だけでも988人のメンバーがいます。下火になって久しいmixiとはいえ、2012年以降にも参加者数が伸びていたことが分かります。

↓ その記事へのリンクです。
◇ ネット上で、緘黙に日ごろ関心を持っている人の数は?
新しいウィンドウで開く

↓ ちなみに、2012年当時のmixiの状況。既に下火になり出していたようです。日経電子版へのリンクです。
◇ 揺れるミクシィ、SNSの「老舗」はなぜ間違えたのか
新しいウィンドウで開く


2017年当時、メンバー数900人


あと、「用語集」では、「場面緘黙症(mixi コミュニティ)」の項目を設けています。「メンバー数906人(2017年8月27日現在)」等という古い数字が記されています。すみません、サイトの更新が行き届いてなくて……。

↓ 場面緘黙症Journal用語集へのリンクです。
◇ ネット上で、緘黙に日ごろ関心を持っている人の数は?
新しいウィンドウで開く