海外サイトで、日本の緘黙が話題に

更新日:2020年05月26日(投稿日:2020年05月26日)
アイキャッチ画像。

アメリカの人気投稿サイトReddit


アメリカの人気投稿サイトRedditで、日本の場面緘黙症が話題になったことがあります。今から8ヶ月ほど前のことです。日本の緘黙が海外で話題になるのは珍しいです。

↓ その、日本の緘黙に関するやりとりです。
◇ Selective Mutism in Japan
新しいウィンドウで開く

最初の投稿者は、15歳まで緘黙を経験した日本人の友人から、緘黙のことをちょうど知ったところだという方です。緘黙はここ日本ではよくあることのようで、500人に1人の日本人を冒しているなどと説明しています。

また、緘黙の説明として、日本の漫画動画チャンネル「フェルミ研究所」が投稿したYouTube動画「場面緘黙症になるとどんな生活になるのか?」にリンクを貼っています(動画は英語字幕を出すことも可能)。


コメントは、小学校の外国語指導助手(ALT)ら?


この投稿に対し、32件のコメントがついています。teachinginjapanというコミュニティでの投稿ゆえか、教育関係者とみられる方のコメントが多いです。特に、そういう生徒を受け持ったことがあるという経験談が目立ちます。

これもまた珍しい光景です。教育関係者たちが、緘黙の児童生徒について、インターネット上の公開の場で議論し合っているのを見ることは滅多にありません。「ここは英語サイトだから、日本人はほぼ見ないだろう」という安心感から、英語が堪能な日本の教師たちがコメントしているのでしょうか。

いや、英語教育などの目的で来日した英語を母国語とする人たちがコメントしているのかもしれません。RedYam2016さんという方のコメントには、次の一文もあります。

学級担任(HRT)/日本人英語教師(JTE)の指導に従いましょう。

follow the lead of the HRT/JTE.

このコメントから推測して、ここで投稿している人たちは、小学校の外国語指導助手(ALT)が中心とも考えられます。外国人の英語指導助手などです。ALTの視点から、日本の小学校の緘黙児について議論されているのであれば、これまた珍しく、興味深いかもしれません。

このほか、コメントでは eiken(英検)という言葉が出るなど、英語教育に関するものがちらほら見受けられます。


ALTの緘黙の理解


小学校の授業は言うまでもなく、学級担任のみが運営するものではありません。ALTも含めた全ての先生が、緘黙の児童への理解を共有する必要があります。特に英語の授業では英語を話すことを求める場面も出てくるでしょうから、ALTが緘黙を理解することは重要そうです。

それにしても、コメントを見ると、緘黙のことをよく理解されているなというものもあるのですが、ちょっと違うのではと思われるものもあります。また、緘黙の説明として紹介した情報が、専門家が関わったウェブページなどではなく、一般向けの漫画動画のみというのも、教育関係者向け情報としては中途半端です。

ALT向けの日本の緘黙の情報は十分なのでしょうか。緘黙児と関わるALTに、緘黙の理解は行き届いているのでしょうか。でも、まあ、Redditでの議論ですからね……。