無言電話を取ったときのこと

更新日:2020年06月18日(投稿日:2020年06月18日)
アイキャッチ画像。

普段電話を取ると、自宅でも緘黙気味になっていた


「問題です。ドラえもんは、どら焼きの『皮』と『あん』のどちらが好きでしょう?」

大学1年の夏休みに、我が家の自宅の固定電話に突然かかってきた電話です。当時、私は家族と同居していましたが、受話器を取ったのは私でした。

電話をかけてきた相手は、自分が誰かも名乗らずに、こんな質問をしました。まるで、いたずら電話です。ですが、私には声から、相手が誰か分かりました。中学時代の同級生で、いじめ加害者です。彼は中学卒業後、お互い別々の学校に進学した後もなお、私にちょっかいをかけ続けていました。

ですが、当時の私は異常に従順で、

「あん」

と正直に答えてしまいました。

ただ、私の返答の声は、小さいものでした。家庭という安心できる場面にいながら、電話を取ると固くなってしまい、緘黙のような状態になってしまったのです。当時は私の緘黙?がだいぶ改善していて、これでもよく返答できた方でした(ただし、私は話せなかったことについて専門家にかかったことはなく、緘黙の診断は受けていません)。

なお、この話は、私が学校などで話せなかったことのことを書いた「緘黙ストーリー」の第87話にも書いています。

↓ その第87話です。2012年に投稿した記事。
◇ [緘黙] 高校のクラス会に呼ばれる [ストーリー]
新しいウィンドウで開く


では、無言電話の場合は?


こうした電話とは別に、この頃、自宅には無言電話もかかってきていました。そのうち私は2、3度取った覚えがあります。「無言電話がかかってきたら、即切れ!」というのが親の命で、私も大体それに従っていました。

ですが、一度だけ、即座に電話を切らなかったことがあります。無言電話の主は誰か興味が沸き、様子を窺ってみようと思い、こちらも無言で返したのです。

ですが、そのうち何だか可笑しくなり、つい大きな声で吹き出してしまいました。普段家にいるときと同じ感覚でです。さらにその直後、親が私に話しかけてきたため、私は受話器を切らないまま、親とべらべら話してしまいました。無言電話の主には、私の声は届いていたものと思われます。

無言電話の主は、もしかしたら、私が知っている人だった可能性もあります。ですが、相手が無言だったため、相手の気配を感じることがなく、つい、外ではなく家での自分が出てしまったのでした。

外出自粛で遠隔コミュニケーションが増える中、ふとこんな昔のことを思い出しました。あくまで、個人的経験です。