2002年に表明された、緘黙の追跡的研究構想

更新日:2020年08月12日(投稿日:2020年08月12日)
アイキャッチ画像。

幻に終わった?緘黙の追跡的研究


昔の場面緘黙症のウェブサイトのアーカイブを見ていたところ、懐かしいサイトを見つけました。

↓ 閉鎖されていて、アクセスできません。日本語サイトでした。
◇ Selective Mutism Research Institute
新しいウィンドウで開く

これは、「現在場面緘黙の子供とその保護者、かつて場面緘黙(自称)であった方々の追跡的研究を目的とする」サイトでした。

2002年1月20日に開設され、ウェブリング「緘黙の輪」にも登録されていました。

サイトには当時「コンテンツを少しずつ増やしていきます」と記してあって、少なくとも2002年4月24日には更新が行われています。ですが、ウェブサイトのアーカイブWayback Machineによると、その後2004年11月1日まで更新が確認できません。そして、2004年12月16日には既にサイトが閉鎖されています。

このサイトは研究のための協力を呼びかけていましたが、その具体的内容や、研究の進展状況については何の情報も公開されないまま、サイト閉鎖に至っています。私としても、当時発表された緘黙研究の中に、思い当たる追跡的研究はありません。何らかの理由で計画が進まなかったのかもしれません。大きな構想だったのですが、幻の研究になってしまったのでしょうか。


研究企画者は、一般の方


注目すべきは、この研究を企画したサイトの管理人です。はっきりとは書かれていないのですが、「管理人は心理士でも医師でもありません」「現在は個人的な研究であり、団体、大学等とは一切関係ありません」との記述があります。

どうやら、一般の方らしいです。大学等とも無関係とのことですから、卒業論文などのために立ち上げたサイトでもなさそうです。また、「Selective Mutism(私の注:場面緘黙症のこと)によって不当な扱いを受けてきた子供たちを見ていると痛々しく思います」と、まるで第三者であるかのような記述もあったことから、緘黙の当事者や経験者ではない方の可能性も考えられます。


あの時代に緘黙はほぼ見向きもされなかった、自分たちで何とかするしかなかった


「なぜ一般の方が緘黙の研究を?」「研究は専門家に任せればいいのに」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、この時代をリアルタイムで知る私からすれば、もっともなことに思えます。緘黙の研究で、期待できる専門家は日本にはいないと思われたからでしょう。

当時は、緘黙は本にはあまり書かれていない、メディアもほとんど取り上げない、インターネットで検索してもヒットする情報が乏しいという状況でした。この意味で、緘黙は世間からはほとんど見向きもされていなかったのです。このため、専門家が研究してくれるとか、新聞が記事にしてくれるといった、誰かが何とかしてくれるという期待を持つことが難しかったのです。

ですから、一般の方が、自分の力で何とかするしかありませんでした。実際、当時の緘黙関係者の中には、よく勉強されている方がいらっしゃいました。「フユー」や「ほほえむ」という個人サイトの管理人さん(どちらも緘黙経験者)は、そんな本どこから見つけたんだというような専門書の中から、緘黙の説明をウェブサイト上で紹介していました。ネット上に緘黙の情報がないなら、自分たちで……ということだったのでしょう。

「ほほえむ」の管理人さんは、海外サイトの翻訳まで行ったこともあります。それも、大人の緘黙についての情報の翻訳です。なお、この管理人さんは、「英語がサッパリ」とのことでしたが、翻訳サイトを使ってまで翻訳していました。

今回お話しした緘黙の追跡的研究のウェブサイトを見て、そんな時代を思い出しました。今では、あの頃はほとんど見向きもされなかった緘黙に関わろうとする、当事者や経験者、保護者以外の人がにわかに増えています。例えば、専門家などです。そうした人たちが本当に期待できる存在なのかどうか、時によっては厳しい目で見極めることが、私たちの新しい課題となっています。

※ これまで毎年8月には、緘黙サイトの歴史をお話しすることにしてきました。来年からは、この投稿を4月10日前後に行いたいと思います。4月10日は、「緘黙の輪の日」ですので!これからも、長年緘黙についての動きを見てきた者として、昔のことを伝えていきます。