ドイツでも集中プログラム・キャンプ

更新日:2020年08月24日(投稿日:2020年08月24日)
アイキャッチ画像。

1週間のプログラム


ドイツで、場面緘黙症の集中プログラム、あるいはキャンプ(試験版)が行われるようです。

↓ そのページ。
◇ INMUT - Start - Mutismus | Hasteworte
新しいウィンドウで開く

といっても、私は専門家ではなく、ドイツ語も読めないのですが、翻訳サイトでドイツ語を英訳して何とか読み取ります。

題名:INMUT- Start
目的:緘黙児のコミュニケーションパターンを変えること
日にち:2020年11月23日(月曜日)~29日(日曜日)
時間:一日中
場所:Schullandheim Barkhausen(ユースホステル)
対象:5~12歳の緘黙児とその家族
参加者数:5~10家族
主催:Hasteworte(言語聴覚士などとして活動するSabine Busch氏が運営)
備考:Ehlerding Stiftung(財団)からの寄付があった

この事実は、ドイツの緘黙団体Mutismus Selbsthilfe Deutschland e.V.が、Facebookページで取り上げています。

↓ このプログラムを紹介するドイツの緘黙団体。
◇ INMUT - Start Einwöchiges... - Mutismus Selbsthilfe Deutschland e.V. | Facebook
新しいウィンドウで開く

リンク先からは分からないのですが、上の記事は「固定された投稿」で、要するに目立つよう投稿されています。団体としては、特に多くの人に知ってもらいたいと考えていることが窺えます。

ただ、ドイツでも新型コロナウイルスの感染が広まっています。開催はどうなるのでしょうか。プログラムのより詳しい内容や、理論的背景なども気になります。


緘黙の集中プログラムやキャンプは、米国を中心に、世界各地で広まる


緘黙児者やその家族を集め、5日間程度の集中プログラムやキャンプを開催する動きは、アメリカを中心に、世界各地で広まっています。私が把握している範囲では、アルゼンチン、イタリア、ベルギー、香港でも行われてきました(細かい内容は、プログラムやキャンプによって異なります)。これまでこのブログでお話してきた通りです。

今回のプログラムは他国の影響を受けたものか、受けたとしたらどの国のどのプログラムの影響を受けたのかが気になるのですが、公式ページには特に書かれておらず、分かりません。

どちらにしろ、ドイツで行われることにインパクトはあります。