みいちゃんのお菓子工房が「グッドデザイン100」

更新日:2020年10月02日(投稿日:2020年10月02日)
アイキャッチ画像。
場面緘黙症がある杉之原みずきさん(13歳)の「みぃちゃんのお菓子工房」が、2020年度グッドデザイン賞の「グッドデザイン100」に選ばれました。

↓ グッドデザイン賞ホームページへのリンクです。
◇ お菓子工房 [みいちゃんのお菓子工房] | 受賞対象一覧 | Good Design Award
新しいウィンドウで開く

上のページを読んだところ、どうやら工房は、杉之原さんの緘黙を乗り越えることを意識して設計されたようです。「受賞対象の詳細」では、次のように説明されています。

建物の半分をガラス張りにし、外から中の様子を見ることができるようにし、大きなスリガラスをもうけることで、直接的に姿を見ることは出来ないが、気配を感じながらお菓子作りをするような空間を作っています。

緘黙と建築のあり方について考えさせられます。もっとも、緘黙児者のための専用の建築物を作るというのは、予算の関係などでなかなかできないだろうとは思います。

グッドデザイン100に選ばれたデザインは、東京ミッドタウン・デザインハブにおいて開催中の「グッドデザイン・ベスト100」展で紹介されています。

◇ Tokyo Midtown Design Hub | 東京ミッドタウン・デザインハブ | 2020年度グッドデザイン賞「グッドデザイン・ベスト100」
新しいウィンドウで開く

これらグッドデザイン100の中から、特別賞にあたる「グッドデザイン大賞」「グッドデザイン金賞」「グッドフォーカス賞」が選ばれます。発表は10月30日(金曜日)です。

なお、みいちゃんのお菓子工房は、京都信用金庫の「京信・地域の起業家アワード」 も今年受賞しています。

↓ 京都信用金庫ホームページへのリンクです。
◇ 京信・地域の起業家アワード 第7回受賞者発表! - 京都信用金庫
新しいウィンドウで開く

このほか、フジテレビ系ニュース番組など、メディアで繰り返し取り上げられています。