筋トレの喩え

更新日:2021年01月07日(投稿日:2021年01月07日)
アイキャッチ画像。
私が働いている職場から、新型コロナウイルスの感染者が出ました。私は濃厚接触者ではなかったものの、コロナは他人事ではないと改めて感じました。皆様もお気をつけください。

「勇敢な筋肉」?


さて、本題です。北米の場面緘黙症の情報に接していたところ、brave muscles という言葉に出くわしたことが何度もあります。直訳すると「勇敢な筋肉」です。全く意味が分かりません。例えば、Building brave muscles(勇敢な筋肉を作る)などと使います。

別に変な人が使っている言葉ではありません。ニューヨークを拠点に緘黙の治療に実績のあるChild Mind Instituteなどが使ったことがある言葉です。邦訳書『場面緘黙の子どものアセスメントと支援』でも、「勇気の力」(68ページ)などの訳で登場します。


スモールステップの取り組みを、筋トレに喩える


これは、いわゆる「スモールステップの取り組み」に関して使われる言葉です。スモールステップの取り組みは、緘黙児者を段階的に発話に持っていく取り組みです。

私たちはよく「スモールステップ……」と言いますが、専門用語だと実は「シェイピング」(Shaping)などと言います。Shape とは、形作ることです。望ましい行動へと、少しずつ形作るということなのでしょう。そのためには、適切なかたちで実践を重ねる必要があります。

brave muscles とは、こうした取り組みを筋トレに喩えたもののようです。先程お話しした邦訳書『場面緘黙の子どものアセスメントと支援』では、「勇気の力」と訳して musclesを「筋肉」ではなく「力」としていますが、実はその言葉が出る前後の文章では筋肉の話が出てくるのです(68~69ページ)。

スモールステップの取り組みを筋トレに喩えるのは私にはしっくりこないのですが(筋トレには縁薄いので)、人によっては合うかもしれません。