ロボットと話す緘黙児者

更新日:2021年02月20日(投稿日:2021年02月20日)
アイキャッチ画像。

英語学習AIロボットが、緘黙生徒の発語の練習相手に


「Musio」という英語学習AIロボットが、2021年エジソン賞のファイナリストに選ばれました。これには、和光市立大和中学校の特別支援学級で、場面緘黙症の生徒に活用できたことも評価されたようです(아카에, 2021年2月17日)。

↓ 情報源。韓国語サイトNewsWireへのリンク。
◇ AI 스타트업 아카, 에디슨 어워드 2021 파이널리스트 최종 선정
新しいウィンドウで開く

エジソン賞(Edison Awards)は、新しい製品やサービスの開発、マーケティング、人間中心設計、イノベーションに対して与えられる権威ある賞です。

Musioが、緘黙の生徒の発語の練習相手として活用できたという話は、かつて開発元のAKA株式会社のプレスリリースで配信され、各メディアで取り上げられていました(AKA Corp. , 2020年4月28日)。ただ、さらっと書かれていただけで、詳細は不明です。

↓ PR TIMESへのリンク。
◇ AKA株式会社、和光市立大和中学校の特別支援学級で英語学習AIロボット「Musio」(ミュージオ)による学習支援の実証実験を実施しました|AKA Corp.のプレスリリース
新しいウィンドウで開く


ロボットの方が話しやすい?


似たような話は過去にも読んだことがあります。大阪大学の石黒浩教授(栄誉教授)の話です(石黒, 2017, p. 143)。

緘黙症(かんもくしょう)という、家庭の外など特定の環境で話せなくなる症例の子どもも、ロボットに対してであればどこでも積極的に会話をするようになります。ある子どものご両親は、「うちの子がこんなに楽しそうに話しているのを初めて見た」と涙を流して喜んでいました。

もっとも、緘黙児者とロボットの会話については、学術的検証は進んでいないのではないかと思います。上の話も、石黒教授が関わった事例に限ったことではないかと思います。

緘黙の研究ではないのですが、対人不安傾向が大きい者は、コミュニケーション相手に人よりもロボットを選好し、場面によっては同じロボットであっても人間に近いが金属・機械の見た目のロボットを選択したという研究結果があります(鈴木ら, 2019)。

私個人の経験ですが、「はま寿司」という回転寿司で、pepper(ペッパー)というロボットが接客している場面に出くわしたことがあります。私は元緘黙?ゆえか、人と関わることに不安を感じることがあるのですが、ロボットが相手だと、その点楽でした。

もしかすると、ロボットだと、人と関わるときよりも不安がないのかもしれません。モノの方が、人よりも関わりやすいとか。ただ、このあたりのところは、私もよく知りません。