遅発性の緘黙について

更新日:2021年02月26日(投稿日:2021年02月26日)
アイキャッチ画像。

遅発性の子にも、もともと緘黙になりやすい素因がある


場面緘黙症の臨床経験が豊富なエリザ・シポンブラム(Elisa Shipon-Blum)博士が、遅発性の緘黙について話す場面があり、興味深く聴きました。

シポンブラム博士の見解を、私なりの解釈でまとめると……

○ 「静か」だけれども緘黙ではない子が、転校や進学といった環境の変化によって遅発性緘黙になることがある。
○ そうした子には、もともと緘黙になりやすい素因がある。
○ (18歳で緘黙になった人を診たことがあるかという質問に対して)ない。

シポンブラム博士は、特に、素因について強調していると感じます。比較的遅い年齢で緘黙になる子にも、もともと緘黙になりやすい素因があると強調したいのでしょう。

↓ その場面です。42分1秒から始まります。このブログでは便宜上「遅発性」という言葉を使っていますが、この話の中では「遅発性」という言葉は出ません。英語。


※ 上の動画のYouTubeへの直接リンクはこちら。
新しいウィンドウで開く

余談ですが、上の動画はOutloudという緘黙のポッドキャストです。緘黙を経験した方と、その保護者によるものです。YouTubeの他にも、iTunesやSpotifyなど、各種サイトで配信されています。この回は大人の緘黙についての話です。


私が話せなくなった時期は、遅い


実は私、学校で話せなくなった時期はかなり遅いです。小学4年生の時に経験した2度にわたる転校で、話せなくなりました。専門家に診てもらったことがないため診断も受けておらず、自分は緘黙だったかどうか、はっきり分かりません。

ただ、話せなくなる以前から、大人しい子だったようです。小学3年生の頃、クラスの行事で同級生全員から誕生日メッセージを貰ったことがあるのですが、そのメッセージには「(富条君は)大人しいね」というコメントがいくつもありました。

シポンブラム博士の話と重なるようにも思えます。もともと大人しいという素因があって、そこに転校という環境変化が重なって緘黙?になったのかもしれません。