友達作る気をなくした話

更新日:2021年03月10日(投稿日:2021年03月10日)
アイキャッチ画像。

少数派?一人でいるのが好きだった


「場面緘黙症の人は、一人でいるのが好きなわけじゃない」

こういう声を時々目にします。

私も学校で長年にわたって話せませんでしたが、一人でいるのが好きでした。ですので、冒頭のようなことを言われると、本当にそうなのかなあと首をひねってしまいます。ただ、私は話せないことで専門家に診てもらったわけではなく、したがって場面緘黙症の診断も受けていません。

明確な根拠は全くないのですが、おそらく好きで一人でいるわけではない緘黙の人が多数派なのではないかと思います。長年緘黙経験者の話を読んで、何となくそう感じます。おそらく私は少数派なのでしょう。

もっとも、話せなかったりすると集団になかなか入っていけず、好むと好まざるとにかかわらず、一人にならざるを得なかったという一面はあります。


最初は孤独が嫌だったが、それが常態化して……


かく言う私も、学校で話せなくなって間もない頃は、孤独な状況に寂しさを感じていました。

ところが、そうした状況が長く続くと、次第に一人でいることに楽しさを見い出すようになっていきました。孤独が平気になったのです。友達が欲しいという感情も起こらなくなっていき、むしろ一人でいたいと感じるようになっていきました。小学5~6年生の頃です。

こうした私の傾向を感じ取り、危惧されたのでしょうか。当時の担任の先生は、私に友達作りをすすめるようになりました。6年生の通知表に寄せられたメッセージがこれです。

[小6・2学期]
真面目によく頑張りました。これからは、自分の本当の友達を作ることに、自分でも少し努力していこう。性格も、自分の○○(読めません)で、少しずつ○○(読めません)いけるよ。○○(読めません)そうだったんだもの。ものすごく内気で、人と話すことが大嫌いだったんだから。

[小6・3学期]
友だちをいっぱいつくって、楽しい中学生活をおくろうね!

私は先生のお気持ちを裏切り、中学校に入っても、友達を一人も作りませんでした。クラスでは一人になりがちでしたが、平気でした。

私のこうしたところは、いまだに変わりません。人と関わることはどちらかと言えばストレスの原因で、一人の時間を持つことで癒やされます。

私は人と関わることに、あまりいい思い出がありません。話せなかったり、気が小さかったりしたため、人から舐められ、危害を加えられることが比較的多かったと思います。また、これは特に、年齢を重ねてから感じるのですが、私は人と関わると気疲れしてしまうことが多いように思います。これだと、一人でいるのが好きになるのも無理はないようにも思えます。


これは悪いことなのか


私としては、別に一人でいることが好きな人がいてもよいではないかと考えています。

その一方で、本当にそれでよいのか、これからの子どもは私のようになってはならないという思いもないではありません。私は人と関わろうとしませんでしたが、その結果、活動場面が広がらなかったり、人との関わり方が分からないまま大人になったりしました。

もっとも、たとえ人と関わろうとしても、緘黙?のままだと、それもままならず、どこまで結果が変わったかは分かりません。

とにかく、少数派かもしれませんが、私のような例もあるということで。