「緘黙」を題名に使わなかった緘黙サイトたち

更新日:2022年04月10日(投稿日:2022年04月10日)
アイキャッチ画像。

最初期の緘黙関係サイトの題名


場面緘黙症Journal。

題名に「緘黙」が含まれるウェブサイトです。こういうサイトは他にもあります。「場面緘黙症専用」という、このサイトよりも古くからあるサイトもあります。

ブログでも、「緘黙」を題名に含めたものがいくつもあります。「カツピコリンの独り言〜緘黙人生〜」などです。ブログ村「場面緘黙症」カテゴリに登録されているブログを見ると分かります。

ただ、最初期、具体的には2000年代前半に開設された場面緘黙症関係の個人サイトは、「緘黙」を題名に使わないものが大半でした。例えば、

ココロのひろば
浮遊
ほほえむ

などです。

ついでにお話しすると、この2000年代初頭期には、ある緘黙の経験者が本を出したのですが、その題名は『君の隣に―緘黙という贈り物』でした。「緘黙」は副題に使われるに止まっています。


なぜ「緘黙」を題名に含めなかったのか


なぜ「緘黙」を題名に含めなかったのでしょうか。その理由ですが、はっきりしたことは分かりません。当時のサイト開設者に聞くほかないですが、なにしろ20年も前のことです。

ですが、当時をリアルタイムで知る身として、次の2つの理由を推測します。

緘黙のみを扱わないサイトが多かった


当時の緘黙関係サイトは、鬱や対人恐怖など、緘黙以外の問題も併せて扱うものが多かったのです(特に、当事者や経験者のサイト)。緘黙に完全に限定せず、もう少し幅広い心の問題を扱ったメンタル系サイトといった感がありました。

これは、緘黙のみならず、他にも何らかのメンタル系の問題を併せ持っていたサイト運営者が何人もいたことによります。

緘黙が知られていなさ過ぎた


当時は、緘黙の認知度がおそらく今以上に低かったです。このため、ほとんど誰も意味を知らない「緘黙」という用語の使用を避けたのかもしれません。

実は、私がそうでした。私も当時、ひっそりとメンタル系サイトを運営していたのですが、この理由で「緘黙」をサイト名に用いませんでした。より多くの人に見て頂くには、緘黙を前面に打ち出すのはやめた方がよいなどの判断があったように、かすかに記憶しています。


その後


こうした傾向が変わるきっかけとなったのが、2004年の「場面緘黙症専用」開設だったように思います。緘黙を専用に扱った個人サイトです。以後、「場面緘黙症Jounrnal」など、「緘黙」を題名に用いた個人サイトやブログが増えていきました。

同時に、緘黙関係者の間で、緘黙に対する意識が高まっていったように思います。こうした意識の高まりを背景としてか、2006年以降、緘黙の団体が日本に誕生していきます。これは一つの進歩と言えます。

ただ、昔の緘黙関係サイトにも学ぶところがあります。今の私たちは、緘黙という概念に囚われすぎてはいないかと。緘黙の当事者・経験者には、緘黙以外にも何らかのメンタルヘルス面の問題を併せ持っている人が多そうです。そのあたり、昔の人は、緘黙のみにとどまらず、自分の問題を上手く全体的に捉えていたように思います。今の人が本当に緘黙に囚われすぎているかどうかは難しいところですが、戒めにはしておこうと思います。

※ 私は4月10日を「緘黙の輪の日」と呼んでいます。長年緘黙についての動きを見てきた者として、昔のことを伝えたいです。