「場面緘黙」検索人気度、やや低調

更新日:2023年12月05日(投稿日:2023年12月05日)
アイキャッチ画像。

2022年より低水準で推移


「場面緘黙」の検索キーワードとしての人気度が、2023年はやや低調です。下記ウェブサイトをご覧ください。

↓ まずは、ウェブ検索の人気度。「Googleトレンド」というウェブサイトへのリンクです。
◇ 「場面緘黙」最近5年間の、ウェブ検索での人気度の推移
新しいウィンドウで開く

2022年よりも明らかに低水準で推移しています。ただし、2019年以前よりは高い水準で推移しています。

また、YouTube検索の人気度についても似た傾向が確認できます。

↓ YouTube検索の人気度。「Googleトレンド」というウェブサイトへのリンクです。
◇ 「場面緘黙」最近5年間の、YouTube検索での人気度の推移
新しいウィンドウで開く

※ 「場面緘黙症」「緘黙」の検索人気度も、同様の傾向です。


検索人気度は上昇傾向だったのに


もっとも、上の検索結果の期間をより長期に変更すると分かるのですが、まだまだ検索人気度は歴史的に高い水準にあります。最も高かった2022年に次ぐぐらいの水準です。また、2022年に比べると低いとはいえ、低下傾向にあるわけではなく、安定した水準で推移しています。

しかし、検索人気度はここ10年ほどの間ほぼ上昇傾向にありました。それがここまで伸び悩むのは気になります。

検索人気度が伸び悩んだ原因ですが、おそらく今年は、メディアで緘黙が大きく取り上げられる機会が少なかったからではないかと思います。