参院予算委員会で緘黙が話題に、TV中継も

更新日:2023年12月08日(投稿日:2023年12月08日)
アイキャッチ画像。

単独の質問


参議院予算委員会で12月8日(金曜日)、場面緘黙症が話題になりました。3分弱の短い時間ですが、単独の質問として取り上げられました。

この模様は、NHK総合やNHKラジオ第1の国会中継で、全国放送されたものとみられます。

質問者は河野義博議員(公明党)。それに対して、武見敬三厚生労働大臣が答弁しています。質問の中で、かんもくネットのリーフレット「子どもに関わるみなさんへ」をもとにしたと思われるパネルが提示されています。

この質疑については、しばらくの間、「参議院インターネット審議中継」で見ることができます。

↓ 12月8日(金曜日)の予算委員会。1時間46分10秒頃から1時間49分00秒頃まで。
◇ 参議院インターネット審議中継
新しいウィンドウで開く

また、後日、「国会会議録検索システム」で読むこともできるようになります。「緘黙」と検索してみてください。

◇ 国会会議録検索システム
新しいウィンドウで開く


解説


河野議員は、2019年にも参議院厚生労働委員会で緘黙の質問を行いました。厚生労働科学研究で緘黙の研究を行うことに関する内容でした。今回はそれを受けて、厚労省が行う支援、緘黙を知ってもらうための取り組み、今後の支援策について見解を問うています。

武見厚労相の答弁に出てきた研究成果の公表は、以下のページでなされています。

↓ 「国立障害者リハビリテーションセンターホームページ」へのリンクです。
◇ 研究報告(厚生労働科学研究・障害者総合福祉推進事業・AMED) | 国立障害者リハビリテーションセンター
新しいウィンドウで開く

他の研究成果も多数公表されているので見つけにくいのですが、ブラウザの検索機能を使えばよいです。該当する研究は「吃音、トゥレット、場面緘黙の実態把握と支援のための調査研究」です。