緘黙・新春インタビュー2024

更新日:2024年01月01日(投稿日:2024年01月01日)
アイキャッチ画像。
干支美場面緘黙症Journalをご覧の皆様、明けましておめでとうございます。竜田干支美です(兎田干支美改め)。

若侍明けましておめでとうございます!場面緘黙症Journalの富条です。今年も新春インタビューからスタートです。もう17年もこれやってます!

若侍干支美さんは、場面緘黙症を経験した大学三年生です。お話はまだ苦手みたいですので……

干支美いや、その話はもういいです。


若侍え?


干支美……結構話せるようになってきました。それに、社会人にならなければならない日が近づいてきた今、いつまでも緘黙を言い訳にしたくはないんです。


若侍すいぶん自分に厳しいんですね!自分に厳しいのは良いことです。ですが、緘黙は話せないものですから、言い訳もなにも……。それに、緘黙があって適切な配慮を求めるのは言い訳ではありませんよ。来年度からは、事業者でも合理的配慮の提供が法的義務になるぐらいですし。


場面緘黙症Journalのアクセス解析


干支美……それでは質問に入ります。富条さんは、ビッグデータをどう活用されてますか?


若侍ビ、ビッグデータ?


干支美……アクセス解析のデータがあるはずです。


若侍ビッグデータ、活用していません。アクセス数が少なくて、データが全然ビッグじゃないもん。

若侍もう少しアクセス数が多い時期もありましたが、訪問者の分析をあまり細かく行うことはしませんでした。訪問者の細かい情報を収集していなかったからです。あまり細かい情報を収集されたら、皆さんお嫌でしょう。


データ駆動型支援?


干支美……すみません。大学でデータサイエンスを勉強したことがあって。


若侍干支美さん、二年前はSDGsについて質問していましたよね。お若いだけあって、時勢に敏感というか……。

干支美……ところで、場面緘黙症について、データ駆動型支援というのができないかと思うんですよ。

若侍データ駆動型支援?データをもとにした支援ということですか?


干支美はい。例えば、料理のビッグデータを活用した献立作成アプリというのがあるんですよ。あのように、スモールステップの具体的な取り組みを提案できるアプリを作れないものなのでしょうか?もっと言うと、不安階層表を作るアプリです。


若侍詳しくは知らないのですが、海外には不安階層表を作るのに役立つアプリがあるとかないとか。私も、不安階層表を作ることができるごく簡単なプログラムみたいのを作ったことがありますよ。結構いい加減な出来ですが!

◇ 緘黙の不安階層表?を作るゲームを公開しました
新しいウィンドウで開く

干支美(この富条さんが作ったやつ、ビッグデータ関係ないな)



※ 今年もよろしくお願い致します。