システムアプローチと行動アプローチ

更新日:2024年01月22日(投稿日:2024年01月22日)
アイキャッチ画像。

海外の博士候補生の記事


海外のある情報サイトに先日、場面緘黙症の記事が掲載されました。ソーシャルメディアで割とシェアされていましたので、取り上げてみたいと思います。

↓ その記事へのリンクです。The Conversation という情報サイトへのリンクです。
◇ What is selective mutism? And is it a lifelong condition?
新しいウィンドウで開く

著者はオックスフォード大学の博士候補生です。この著者は緘黙への関心が強く、2023年にはシステマティック・レビューと呼ばれるタイプの緘黙の論文を発表しています(筆頭著者です)。この論文は、上記記事の下敷きになっています。

さて、記事の内容ですが、緘黙を概説したものです。英国の読者を意識したとみられる内容ですが、全体としてそんなに変わったことは書かれてありません。


「システムアプローチ」と「行動アプローチ」


ただ、緘黙児へのアプローチを「システムアプローチ」と「行動アプローチ」に分けて説明しているのは明快で、面白いかも知れないと感じました。

ここで言うシステムアプローチとは、緘黙を維持する環境要因に対処するアプローチです。親や教師へのトレーニングがこれに含まれます。緘黙児に話すプレッシャーを取り除いたり、逆に話す機会を作ったりといったことを教えるなどします。

行動アプローチは、いわゆるスモールステップの取り組みのことと言えばよいでしょうか。応用行動分析学をベースに、段階的に発話に持って行くアプローチです。

上の記事では、システムアプローチを先に説明しています。また、システムアプローチの方が説明がやや長いです。著者はシステムアプローチに重きを置いているということなのか、別に深い意味はないのか、そのあたりのところは分かりません。

米国では近年、ここで言うシステムアプローチのうち、特に親へのトレーニングへの重要度がやや増しているように思います。親が緘黙児の言うことを代弁するなどして話す機会を奪ってしまうことがあるとして、緘黙児がプレッシャーを感じずに発話できるように持って行くスキルのトレーニングが行われています。




関連リンク


お話しした論文です。なお、Murayama, Kとは、村山航氏(英国レディング大学教授)のことです。

◇ Hipolito, G., Pagnamenta, E., Stacey, H., Wright, E., Joffe, V., Murayama, K., & Creswell, C. (2023). A systematic review and meta-analysis of nonpharmacological interventions for children and adolescents with selective mutism. JCPP Advances, 3(3), e12166. Advanced online publication. https://doi.org/10.1002/jcv2.12166
新しいウィンドウで開く

関連記事


◇ 治療プログラム「SPACE」
新しいウィンドウで開く