緘黙の名称について、英団体が声明

更新日:2024年01月26日(投稿日:2024年01月26日)
アイキャッチ画像。

selective mutismという名称を使うべきか


場面緘黙症は英語ではselective mutismが正式な診断名です。しかし、situational mutismと呼ぶべきだという意見も一部にあります。selectiveという語を使うと緘黙児者が話さないことを選択しているという誤解を生みかねないというのです。

この点に関して、英国を代表する緘黙団体SMIRA (Selective Mutism Information & Research Association)が、このほど声明を発表しました。

↓ その声明が掲載されています。SMIRAの公式ウェブサイトへのリンクです。英語。
◇ News - SMIRA
新しいウィンドウで開く

声明によると、SMIRAとしては、selective mutismが今のところ正式な診断名である以上、この名称を使うよう強くすすめるという立場です。非公式な名称の使用は、緘黙の啓発をより難しくするとも述べています。

それにしても、天下のSMIRAがこのような声明をわざわざ出すとは驚きました。SMIRAは英国内にとどまらない影響力を持つ団体です。それほど現在のselective mutismの名称について、SMIRAに問い合わせる人が多いのでしょうか。

SMIRAの声明は穏当なものだろうと思います。英語圏では従来より正式名称のselective mutismが広く浸透しています。このあたり、日本の「選択性緘黙」か「場面緘黙」かという話とは状況が異なります。ただ、代替案のsituational mutismを推す方の考えも、私としてはよく分かります。


イタリアの団体の動き


なお、イタリアの緘黙団体AIMuSe (Associazione Italiana Mutismo Selettivo) にも、名称に関するちょっとした動きがありました。

正式な診断名のmutismo selettivoか、mutismo situazionale(英語のsituational mutismに相当)かという議論です。AIMuSeは先日、Facebookページの中で、後者寄りではともとれる投稿を行っています。

↓ そのFacebook投稿へのリンクです。イタリア語ですが、翻訳機能がついています。
◇ Carissimi tutti,... - AIMuSe Associazione Italiana Mutismo Selettivo
新しいウィンドウで開く