簡秀吉と杢代和人で「かんもく」

更新日:2024年03月14日(投稿日:2024年03月14日)
アイキャッチ画像。

『仮面ライダーギーツ』出演俳優


「かんもく」とSNSで検索したところ、イケメン俳優の情報が多数ヒットして当惑しました。これは一体どういうことなのでしょう。同様の経験をした人もいるかもしれないので、調べてまとめてみました。

この「かんもく」とは、テレビ番組『仮面ライダーギーツ』で共演した俳優の簡秀吉(かんひでよし)さんと杢代和人(もくだいかずと)さんのお二人をまとめて呼んだものです。簡秀吉さんは主演の浮世英寿/仮面ライダーギーツ役、杢代和人さんは吾妻道長/仮面ライダーバッファ役でした。

いつからこのお二人が「かんもく」と呼ばれるようになったのかは、私には分かりません。私が最初に確認したのは、2024年1月下旬のことでした。SNSで確認しています。

誰が最初にこう呼び出したのか、公式の名称なのか非公式なのかも私にはつかめませんでした。ただし、SNSのXでは、仮面ライダーギーツの公式アカウントが「お笑いコンビ #かんもく 結成を見届けてくれたみんな、ありがとコン🦊」と述べています。

↓ そのXへの投稿のリンクです。
◇ https://twitter.com/krGEATS_toei/status/1766751876610129976
新しいウィンドウで開く


今後の展開はそうなさそう


テレビ番組『仮面ライダーギーツ』は、2023年に放送を終了しています。

しかし、2024年に入って、テレビ放送最終回のその後を描く『仮面ライダーギーツ ジャマト・アウェイキング』が「Vシネクスト」という一種のVシネマで登場することになりました。Vシネマとは、劇場での上映ではなくビデオソフト販売のために作られた映画のことです。しかし、「Vシネクスト」は期間限定で上映する点が従来のVシネマとは異なり、今作も、3月8日(金曜日)に本作が劇場で限定公開されました。

その初日舞台挨拶が同日行われ、簡秀吉さんと杢代和人さんも登場しました。このため、SNSで「かんもく」と検索したら、このお二人に関する投稿が多数ヒットするようになったのです。

ただ、『仮面ライダーギーツ』のストーリー展開は今回が集大成で、出演俳優が前面に出る展開は、今後そうないものと思われます。かんもくコンビも少なくとも一端は見納めで、今後継続的に大きな話題になることはなさそうです。