『ハネチンとブッキーのお子さま診療録』

更新日:2024年04月03日(投稿日:2024年04月03日)
アイキャッチ画像。

医療漫画が緘黙を取り上げる


『月刊コミックゼオン』(コアコミックス)などで連載中の医療漫画『ハネチンとブッキーのお子さま診療録』の第21~22話で、場面緘黙症が取り上げられました。「場面緘黙(ばめんかんもく)症/緘動(かんどう)症」と題する話です。

作者は佐原ミズさん。テレビドラマ化した『マイガール』や、実写映画化した『尾かしら付き。』などで知られます。また、医療監修は北岡寛己さん。東京大学医学部附属病院小児科の助教に同名の方がいらっしゃり、この方のことと思われます。

本作は、どうやら掲載媒体によって最新話が異なるようです(間違っていたら、ごめんなさい)。緘黙の話が最新話として公開された媒体は、「マンガほっと」というアプリまたはウェブサイトです。いずれ他の媒体や単行本にも掲載されるものと思われます。

↓ マンガほっとWEBへのリンクです。
◇ ハネチンとブッキーのお子さま診療録|マンガほっとWEB
新しいウィンドウで開く


簡単な内容と感想


私はこのお話を読みました(無料アカウント登録で読みました)。せっかくですので、簡単な内容の報告と感想を書きます。

まず、作品の概要ですが、前編が12ページ(扉ページ含む)、後編が13ページの分量でした。幼稚園児の親の視点から描かれた話です。しかし、緘黙児の親ではなく、別の親の視点から描かれています。これは緘黙を描いたフィクションとしては新しいです。

緘黙だけでなく、緘動も合せて描かれており、私としては嬉しいです。緘黙の概説もその通りだと思います。ただ、今作で描かれている緘黙児は、かなりマイルドに描かれています。緘黙というともっとひどくて、幼稚園や学校等で同級生や先生と話せなくなるのが一般的だろうと思います(人にもよりますが)。

一般に、物語は、マイナスからプラスに転じるハッピーエンドが一つの「型」です。緘黙を題材にした話だと、やはり発話へのステップが前進したり、話せるようになったりする場合があります。過去に緘黙を取り上げた医療漫画『放課後カルテ』や『リエゾン』では、そうでした。今回はそれとは異なるエンディングが描かれています。読後感はよいです。

少し前まで、インターネットで「緘黙」と検索しようとすると、検索候補に「緘黙 ずるい」が出てきました。端からみて、そう感じてしまう人もいるのでしょう。今作を読んで、そのことを思い起こしました。緘黙への理解が進むとよいです。