自分で不安に対処するための洋書

2012年06月26日(火曜日)

不安が強い子を、保護者が支援するための洋書として、以前 Freeing Your Child from Anxiety をご紹介しました。アメリカの Amazon.com で、場面緘黙症の本のページを見た人がよく買った本の一つとして挙げられています。

この本の著者 Tamar E. Chansky 氏が、今年、自分自身で不安に対処するための大人向けの本をまとめました。Freeing Yourself from Anxiety: The 4-Step Plan to Overcome Worry and Create the Life You Want という、セルフヘルプブックです。英語の本ですが、今のところ日本語圏のウェブサイトでは紹介されていないようですので、このブログで思い切って取り上げてみます。

この本は場面緘黙症を扱ってはいないのですが、不安障害を持った人などを想定読者としており、緘黙やいわゆるその後遺症に悩む人が自ら不安と向き合う目的で読むと、得るところがあるだろうと思います。

本の主な内容は、考え方を変えることにより不安に対処する方法を、具体例を挙げながら示したものです。その方法ですが、Freeing Your Child from Anxiety とは、やはり重なる部分があります。色々と書かれているのですが、基本は4つのステップですので、分かりやすいかもしれません。

この種の本には、練習帳や自習帳といった名のついたワークブック形式のものも数多くありますが、本書は単に具体的な方法を伝えるもので、ワークブック形式ではありません。その分気軽に読むことができるかもしれませんが、反面、自分に甘いと本書の内容を何も実践できなくなってしまいます。

なお、この本はオーディオブック版も出ていて、日本の Amazon.co.jp でも買うことができます。また、海外の Amazon だと、Kindle 版もあります。



[本の紹介動画]

◇ Tamar Chansky - Freeing Yourself From Anxiety新しいウィンドウで開く

[関連記事]

↓ Freeing Your Child from Anxietyの紹介記事です。場面緘黙症Journal ブログ。
◇ 不安を持つ子を、保護者が支援するための洋書新しいウィンドウで開く

[関連サイト]

↓ 「CBT を本で学ぶ」のコーナーで、認知行動療法のセルフヘルプブックが紹介されています。
◇ CBT センター新しいウィンドウで開く