子どもも読める緘黙の啓発書(英)

2012年08月28日(火曜日)

場面緘黙症を主題とした新しい本が、2012年7月に英国から出ました。今回はその本について書きたいと思います。

題名は Can I Tell You About Selective Mutism?: A Guide for Friends, Family and Professionals です。出版社の Jessica Kingsley Publishers からは、Can I Tell You About...? というシリーズが出ていて、今回の緘黙の本もそのシリーズの一つとして制作されたものです。

著者は、緘黙児支援で実績のある Maggie Johnson 氏と Alison Wintgens 氏です。このお二人は、英国における緘黙児支援のバイブルとも言われた The Selective Mutism Resource Manual も著しています。このほか、Robyn Gallow 氏という方がイラストを担当しています。

内容は、緘黙を知らない人向けに、緘黙について分かりやすく解説したものです。解説は端的で、ページ数も少なく、加えて1ページ内の文字数も少ないので、短い時間で読むことができます。ページ配分は子ども向け解説(イラスト付き)が24ページ、教師向け解説が10ページ、親向け解説が6ページ等々で、特に子ども向けの解説に重点が置かれています(本の表紙も、特に子どもに読まれることを意識したものと思われます)。また教師向けと親向けの解説は、緘黙児のためにどういった対応で支援できるかがまとめられています。

緘黙の本もある程度売れてくると、今度は、こうした子どもを主な対象としたものなど、より細かいニーズに対応した本が出版されるようになるということなのかもしれません。

私はこの本を読んで、日本で2011年に出版された『なっちゃんの声ー学校で話せない子どもたちの理解のために』を思い出しました。主に子どもたち(小学校低学年ぐらい)に緘黙を理解してもらう目的で描かれたとみられる絵本です。ただ、今回の英国の本は、『なっちゃん』に比べるともう少し対象読者が上だろうと思います。文字数が『なっちゃん』に比べるとずっと多く、また、内容も物語調というよりは説明調で難しく、小学校中学年以上でなければ少し読みにくいでしょう。英国には4-8歳の子を対象とした緘黙を主題にした絵本 My Friend Daniel Doesn't Talk があるそうで、それとの差別化を図ったのかもしれません。

何しろ英語の本なので、我々日本人には、直接役立つことは少ないかもしれません。私は、緘黙児支援が進む英国で、どのような本が出版されているかを研究する目的で買いました。

なお、今回の本の内容は、Google ブックスや Amazon.co.jp のなか見!検索で一部を見ることができます。それから、この本のロイヤリティーは英国の緘黙支援団体 SMIRA に寄付されるそうです。